初心者必見

取引の基本や利益の出し方をわかりやすく解説

取引の基本や利益の出し方をわかりやすく解説
売上アップ

決算書はなぜ重要かー決算書の種類・読み方を分かりやすく解説|決算申告のみ対応|税理士検索ならfreee!

会社は、投資家や銀行といった会社をサポートしてくれる人や組織、税金を納める国、そして会社自体のために会社の状態を正確に把握しておく必要があります。 そこで、毎年1年間に行ったさまざまな取引をまとめ、会社が所有しているお金などを集計して決算書にまとめるのです。
つまり決算書は、外部に向けて会社の状態をアナウンスする役割を持ちます。
利害関係者たちは、この会社がきちん利益を上げて配当を受け取ることができる会社なのか、貸付金を返済してくれる会社なのか判断することができるようになるわけです。
決算書がなければ、その会社がどれだけ儲けていてどれだけお金を持っているか分かりません。つまり、その会社を正しく知るための方法が決算書なのです。

(2)決算書から何が分かるの?

貸借対照表で、会社の財産が分かる
「貸借対照表(B/S)」は、決算日時点における財産の状況(財政状態)を示す書類です。会社が保有している資産と負債、そして資産と負債の差額である「純資産」を記載した書類です。
貸借対照表は、英語では「Balance Sheet」といい、略して「B/S」と呼ばれます。

(3)決算書ってどのように使うの?

取引先の信用調査に使う
前述したとおり、決算書は利害関係者たちにとって会社の業績を判断することができる書類ですが、これは取引先を選ぶ際にも有効です。
成功している経営者たちは、取引する前に取引先の決算書にも目を通し、取引する内容や経営戦略を立てています。

「損益計算書」は会社の年間成績表

損益計算書は、英語で、 「Profit and loss statement」 なので一般的には 「P/L(ピーエル)」 と呼ばれています。
会社がその事業年度で儲かっているかどうかは、損益計算書を見れば一目瞭然というわけです。
さらに、損益の状況を営業利益、営業外損益そして特別損益と利益が段階的に示されていて、会社がどのように利益を稼いだかが分かるようになっています。

(1)損益計算書の用語を知ろう

(2)損益計算書の構造と「5つの利益」を知ろう

取引の基本や利益の出し方をわかりやすく解説
売上総利益
売上総利益は、売上高から売上原価を差し引いた金額です。
売上原価とは、売ったものを仕入れたとき、あるいは製造した時のお金です。
会社は、この売上総利益を源泉として、販売費及び一般管理費等の費用を賄っているということになります。

特別利益・特別損失とは、一過性の利益や損失のことをいいます。
経常的には発生しない項目のことで、臨時的に発生した利益や損失の事をいいます。 取引の基本や利益の出し方をわかりやすく解説
特別利益・特別損失とは、たとえば、災害などによる損失や、土地などの不動産を売却した場合の固定資産売却益などが該当します。

(3)損益計算書でできる経営分析

損益計算書は、「いくら利益を出しているか」というより、「どうやって利益を出したか」を読み取ることが大切です。 ①売上総利益 ②営業利益 ③経常利益 ④税引き前当期純利益 ⑤当期純利益の5つの利益をそれぞれ見ることによって、その会社が出した利益のプロセスを知ることが大切です。

「貸借対照表」は会社の財政状態を把握する表

貸借対照表は、資産の部は左側、負債の部と純資産の部は右側に表示されます。そして、左側の合計額と右側の合計額は必ず一致します。そのため、貸借対象表は、左右が釣り合う(バランスをとる)表として 「Balance Sheet」 、一般的には 「B/S(ビーエス)」 と呼ばれています。

2つ目は、負債の部です。
負債の部には会社が追っている債務が表示されます。
金融機関からの借入金や仕入れ先に対して支払うべき代金の合計額などです。

(1)貸借対照表の用語を知ろう

負債は、借りているお金(ある時点で必ず返さないといけないお金)です。
つまり、会社は、負債が返済できなくなった時点で倒産することになります。
負債は、大きく分けて「流動負債」と「固定負債」の2つに分けられます。

(2)貸借対照表の構造を知ろう

貸借対照表は、事業に使っている資産(資本の部)と資本の調達方法(負債の部、純資産の部)で構成されていますが、①流動資産 ②固定資産 ③流動負債 ④固定負債 ⑤純資産の5つのブロックのバランスをみることで、会社の財政状態の良し悪しを判断することができます。

まず、流動資産が、流動負債より大きければ大きいほど余裕のある会社であるといえます。
また、固定資産の額が、(固定負債+純資産)の額より小さければ「長く保有する固定資産を、安定した資金の範囲内で購入したといえることができます。
反対に、もし固定資産の額の方が大きければ、短期で返済しなければならない流動負債の資金を使っているということなので、財務状態は不安定である可能性があります。

このように、 貸借対照表は、A流動資産 B固定資産 C流動負債 D固定負債 E純資産の5つのブロックのバランスに業種や経営方針を加味して分析することで、会社の資金調達と運用の状態を把握することができるのです。

(3)貸借対照表でできる経営分析

たとえば、 短期的な支払い能力を見抜く「当座比率」 は、貸借対照表の当座資産と流動負債から分析することができます。

取引の基本や利益の出し方をわかりやすく解説
当座比率=当座資産/流動負債×100

また、 財務の健全性を見る「自己資本比率」 も貸借対照表の自己資本と総資産から分析することができます。

自己資本比率=自己資本/総資産×100

「キャッシュフロー計算書」はお金の動きを把握する表

キャッシュフロー計算書とは、お金の流れを見るための決算書のことをいいます。
キャッシュ(現金)のフロー(流れ)という意味で、いくら現金が入りいくら出て行ったかを示す計算書類のことです。
もし、損益計算書に記載された利益がすべて現金であれば、このキャッシュフロー計算書は、作成する必要はありません。
しかし、商品やサービスを提供して売上が計上されても、実際に現金が入金されるまでは時間がかかるケースが多いものです。
つまり、利益と現金にタイムラグが生じることになります。
キャッシュフロー計算書は、このような事態に備えて「使えるお金が、手元にどの程度あるのか」を把握するための計算書類です。

(1)キャッシュフロー計算書は3つある

(2)キャッシュフロー計算書でできる経営分析

3つのキャッシュフローがすべてプラスならいいというものではありません。 優秀な会社は、「営業活動によるキャッシュフロー」がプラスで、「投資・財務によるキャッシュフロー」がマイナスになります。
これは、本業でしっかりと稼ぎ、そのうえ将来のことを視野に入れ投資をして、さらに借入金もしっかり返済していることをあらわしているからです。

決算書の読み方まとめ

以上、決算書(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)の読み方について、ご紹介しました。
会社は、儲けることを目的とした組織であり(もちろん社会貢献をとおして付加価値の提供も求められますが)、会社が行う経営活動の結果を、一定期間で区切って数字でまとめ上げる書類が「決算書」です。
決算書を読めるようになれば、会社が儲かっているのか、どのように儲けたのか、今財政状況はどのようになっているのかが分かるようになります。
決算書を読むスキルは、あらゆるビジネスに適用する共通スキルといえ、そのスキルの重要度は日増しに高まりつつあります。
また、自社の決算書を分析することができるようになれば、経営計画や経営指標の理解も深まり、ビジネスそのものの能力を高めることができます。

決算書について相談できる税理士を探す

決算書について相談できる税理士をお探しの方は、freee税理士検索をご活用ください。
freee税理士検索では2,800以上の事務所の中から経理指導から決算書の作成、決算書の分析までサポートしてくれる税理士を検索することができます。
また、コーディネーターによる「税理士紹介サービス」もあるので併せてご利用ください。

税理士の報酬は事務所によって違いますので、「税理士の費用・報酬相場と顧問料まとめ」で、税理士選びの金額の参考にしていただければと思います。

【基本を解説】アパート経営の収入・支出・利益と手取り金額について解説、シミュレーション

アパート経営の家賃収入は主に上記3つが当てはまります。
基本的にアパート経営の収入は家賃収入がほとんどですので、 毎月どのくらいの家賃収入があるか、しっかり把握しておく必要があります。
なお、空室が生じると、その部屋の分の家賃収入はなくなってしまいますし、新しく入居者を募集するときに家賃を下げることもあります。その他、入居後一定期間の家賃が無料になるフリーレントを利用して入居者を募集した場合など、家賃を受け取れない期間があるため、注意が必要です。

2-2. 家賃収入以外の収入

  • 礼金
  • 更新料
  • その他の収入 (自動販売機、太陽光発電など)

アパート経営の家賃収入以外の収入は主に上記3つが当てはまります。
礼金や更新料も家賃収入以外の収入に含まれます。
アパートの敷地内に自動販売機を設置していたり、屋根の上に太陽光発電システムを設置していたりする場合も収入を家賃収入以外の収入として扱われます。
なお、入居時に敷金を受け取っている場合は、退去時に返還するものなので収入には含まれません。

3.アパート経営の支出と経費

3-1.アパート経営にかかる費用

アパート経営の支出・費用の費目・相場一覧 取引の基本や利益の出し方をわかりやすく解説
費目 相場
定期的に発生する費用 ローン返済費 借入分に対して変動(毎月決まった額)
管理委託料 家賃収入の5%程度
保険料 年間1万円程度(アパートの種類による)
水道光熱費 1万円程度(アパートの規模による)
必要に応じて発生する費用 建物修繕費 30年間で1戸あたり200万円程度
仲介手数料 交渉次第(原則家賃1ヶ月分の0.54倍が上限)
広告料(入居者募集費) 家賃の1~2ヶ月分程度
立ち退き料/解体費用 立ち退き料は家賃の6か月分程度
解体費用は構造や地域により異なる

アパート経営の費用には定期的にかかる費用と必要に応じてかかる費用があります。
かかる 取引の基本や利益の出し方をわかりやすく解説 費用は状況に応じて変動しますので注意が必要です。

3-2.アパート経営にかかる税金

税金 費目・算出法一覧
税金 算出法
所得税 所得額に応じて税率が異なる
住民税 所得額に応じて税率が異なる
固定資産税 固定資産評価額 × 1.4%
都市計画税 課税標準額 × 0.3%
不動産取得税 固定資産評価額 × 3%
登録免許税 固定資産評価額 × 0.4%
印紙税 契約金額によって異なる
事業税 ( 所得金額 - 事業主控除額 ) 取引の基本や利益の出し方をわかりやすく解説 × 5%
相続税 各相続人の取得金額×税率の合計額
※税率は金額によって変動
贈与税 基礎控除後の課税価格×税率
※税率は変動によって変動

3-3.アパート経営の経費の費目一覧

経費で落とせるものと落とせないもの一覧 取引の基本や利益の出し方をわかりやすく解説 取引の基本や利益の出し方をわかりやすく解説 取引の基本や利益の出し方をわかりやすく解説 取引の基本や利益の出し方をわかりやすく解説
経費で落とせるもの経費で落とせないもの
(1)公租公課(税金) (1)不動産に関係のない税金
(2)損害保険料 (2)20万円以上の修繕費
(3)修繕費 (3)借入金の元本
(4)管理委託料 (4)アパート経営に関連しない費用
(5)仲介手数料
(6)広告宣伝費
(7)青色事業専従者給与
(8)給料賃金
(9)水道光熱費
(10)通信費
(取引の基本や利益の出し方をわかりやすく解説 11)交通費
(12)接待維持費
(13)新聞図書費
(取引の基本や利益の出し方をわかりやすく解説 14)消耗品費
(15)解体費・立ち退き料
(16)地代・家賃
(17)ローン保証料
(18)借入金利子
(19)減価償却費

4.アパート経営の収支の事例

アパート規模別 収支関連の相場一覧
項目 1K・8戸 2DK・8戸 3LDK・12戸
建築費 5,800万円 1億円 2億1,000万円
坪/戸 9坪/戸 12坪/戸 22坪/戸
家賃/月 7万円/月 10万円/月 15万円/月
収入/月 56万円/月 80万円 180万円/月
支出/月 約35万円/月 約50万円/月 約120万円/月
所得/年 252万円/年 360万円/年 720万円/年

アパート経営の収支は、 規模や借入状況や空室状況によって大きく変わってきます。
算出方法は以下の通りです。

【収入】
家賃 × 戸数 = 1ヶ月の家賃収入(満室時)

【支出】
ローン返済費 家賃収入の約50%
管理委託料 家賃収入の約5%
その他 約5%~10%

【年間所得】
(家賃収入/月 - 支出/月) × 12か月 = 年間所得

5.手取り収入を上げるためのポイント

5-1.利回りを意識する

利回りの種類・内容と計算方法一覧
種類 内容 計算方法
表面利回り 年間賃料収入の投資額に対する割合 年間賃料収入÷投資額
実質利回り 不動産が生み出す年間純収益の投資額に対する割合 (年間賃料収入-年間経費)÷投資額
表面利回り 空室のない状態の年間賃料収入の投資額に対する割合 空室0の年間賃料収入÷投資額
  1. 複数のハウスメーカーを比較する
  2. 小さめの間取りを選択する
  3. 建物仕様を見直す
  4. 付加価値を付けて賃料をアップする
  5. 取引の基本や利益の出し方をわかりやすく解説
  6. 適切な管理方式を選択する

5-2.節税を意識する

5-3.仕事内容の把握と委託管理

大家さんの仕事内容一覧
項目 内訳
入居者の募集 仲介業者の選択、入居者の属性調査
入居者への対応 家賃の集金、修繕依頼への対応、
クレーム対応、退去時の対応
建物の管理 日々の建物管理、空室への対策と対処、
大規模修繕の計画
その他の業務 経営状況の把握と改善

上記の仕事内容は、自主管理することもできますが、委託管理をすることもできます。
本業などが忙しい方などは、委託管理をすることをおすすめします。
委託管理をするメリットは以下の通りです。

  • 手間を減らせる
  • 効率が上がる
  • 本業に支障が出ない
  • その場にいなくても管理ができる
  • 分からないことはすぐ相談できる

6.収入や支出を相談できる会社の選び方

  • アパート経営の収支のどの部分が理解できないか明確にし、それをサポートする機能がある会社である
  • アパート建設だけでなく、その後の経営までサポートした実績のある会社である
  • 営業担当者の対応がいい会社である

・アパート経営の収支のどの部分が理解できないか明確にし、それをサポートする機能がある会社である
アパート経営のどの部分が理解できないか明確にしておくことで、スムーズな解決が可能になります。
それをサポートする機能がある代表的な会社は以下の4つになります。

国内大手のハウスメーカー・建築会社が多数参画していて、お客様に合った企業から7つを選び、無料一括プラン請求できるため、「条件に合った企業の中で比較検討」可能です。
「収入や支出をよりよくするための知見・経験が豊富な企業」、「どの会社が一番自分の理想の収入や支出に沿った魅力的なプランを出してくるか」など、客観的に判断することができます。
是非ご活用ください。

アパート建築プラン請求サイトHOME4U

あなたの土地にぴったりの アパート建築プラン が見つかる!
複数の大手企業からさまざまな提案を受け、
理想のアパート建築を実現させましょう!

大手企業が無料であなたのアパート建築プランを提案します!

理想のアパート建築を実現させるには、構造/工法/間取りなどの設計部分はもちろん、 建築費や収支計画をまとめた 建築プランを複数の企業に依頼し、各社の提案を比較 して、 長期安定アパート経営につながる「収益最大化」プランを見つけることが大切です!

ただ、アパート建築の依頼先は「ハウスメーカー」や「建築会社」「専門会社」など様々です。 「どこに依頼すればいいか分からない」「何から始めたらいいか分からない」とお悩みでしたら、 複数の信頼できる企業へまとめて相談、プランが請求できる「HOME4U 土地活用」をご利用ください。

“HOME4U 土地活用 3つの特徴”

  1. 提携企業は、 信頼できる業界大手企業が勢ぞろい! この顔ぶれはHOME4Uならではのラインアップ!
  2. 複数社へプラン一括請求、比較できるから いろんな工法や間取り、坪単価の提案を幅広く受けることができる!
  3. NTTデータグループが運営 。19年の実績があり、セキュリティも安心!

アパートを建てたい土地の住所など簡単な項目を入力するだけで、厳しい審査によって厳選された 複数の大手企業へまとめてプラン請求ができる ので、各社の提案を比べながら、 あなたの土地にぴったりなアパート建築プランを見つけることができます 。

店舗の売上アップには売上分析が重要。仕組みや方法を徹底解説します。

店舗の売上アップには売上分析が重要。仕組みや方法を徹底解説します。

売上アップ

店舗・小売の売上とは?計算方法を紹介

売上の計算方法

売上の仕組み

【来店客数】 取引の基本や利益の出し方をわかりやすく解説
来店客数は、店舗にやってきたお客様の人数です。ここで注意しておきたいのは、「来店はしたものの、何も購入せずに帰る」方もいることから、来店者数が必ずしも購買客数と一致するとは限らない点にあります。

【購買率】
来店したお客様のうち、実際に商品を購入した方の割合を示すのが「購買率」です。購買率は以下の計算式で求めます。

【客単価】
客単価は、1回の買い物でお客様が支払う金額の平均です。客単価を出すときは、このような計算式を使います。

売上と利益を分解する!店舗分析には多角的な視点が不可欠

売上と利益の違い

【値入高】
商品の販売価格を決定することを値入といいます。そして商品の販売価格から、原価(商品やサービスを作るのにかかった費用)を引くと、値入高が求められます。言わば、値入高は商品やサービスを販売した際、期待できる利益です。

【値入率】
値入率は、商品の売価に対する利益の割合を表す指標です。値入率が高ければ高いほど、販売時の利益が多く出ることとなります。

値入率(%) =(想定売価 - 仕入原価)÷ 想定売価 × 100

【利掛率】 取引の基本や利益の出し方をわかりやすく解説
利掛率は、原価に対する値入高の割合を指します。

利掛率=値入高÷原価×100

【粗利益高】
粗利益(荒利益)とは、実際の売買利益高のことです。売上と売上原価との差額のため、売上から売上原価を引くことで求められます。また、「粗利」と略されることもあります。

粗利益高=売上-売上原価

【ロス率】
何らかの原因により、商品が提供できないと「ロス」が発生します。飲食店では材料の過剰な仕入れやメニューの作り直し、小売店では万引きや内部スタッフの横領によって発生することが多いようです。

売上に対するロスの割合は、以下の計算式で確認できます。
ロス率(%)=ロス÷売上(実績)×100

似ているようで全く違う!利益の種類

利益の種類

【売上高総利益】

売上-売上原価

【営業利益】

売上高総利益-販管費

【総利益】

営業利益+営業外収益

【純利益(経常利益)】

総利益-営業外費用

損益分岐点の計算方法とは

損益分岐点の計算方法

飲食店で必要な固定費

●F/Lコスト
飲食店経営において重要な費用と言えば、食材費(Food)と人件費(Labor)の合計となるF/Lコストです。F/Lコストを売上で割ったものをF/L比率と言います。F/L比率の目安は、50%と言われています。F/L比率が50%を上回るようだと利益率が低いことが考えられるので、人件費や食材費の改善をしましょう。

●賃料
一般的に、売上に対して家賃は7〜10%ほどが適していると言われています。店舗物件はエリアや面積、階数によって大きく異なるため、売上をもとに適した物件を探すことが重要です。

●水道光熱費
賃料と同じく、水道光熱費も一般的に売上の5〜10%ほどに保つことで無理なく利益を上げられると言われています。夏や冬など、空調を入れることも多い季節でもこの比率を意識しておきましょう。

飲食店の場合は回転率も重要!

回転率=1日の来客数÷客席数

売上=客単価×(座席×回転率)

店舗の売上をあげるための方法

店舗の売上をあげるための方法

来客数を上げるための施策

客単価を上げるための施策

販売・売上管理の業務を効率化するためには

ITツールによる業務効率化

販売管理システムやPOS導入のメリット

企業では、売上管理システムや在庫管理システムを導入している場合が多いですが、店舗では売上管理、在庫管理から売上分析まで一気通貫で行えるPOSシステムの普及が進んでいます。POSとは、販売時点情報管理(Point of Sale)の略称です。通常のレジスター型のPOSシステムのほか、ハンディターミナル型のPOSシステム、タブレットやスマートフォンなどにインストールして利用できるPOSシステムも存在します。POSシステム導入すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

1.手打ちのレジよりも会計処理がスムーズ
商品コードのスキャンにより処理が行われるため、手打ちのレジに比べ会計処理がスムーズです。混雑を解消できるため、お客様へのストレスもなくなります。また会計時のミスの低減にも繋がります。

2.販売情報の可視化
会計を行うだけの一般的なレジとは異なり、POSシステムでは「いつ・どの商品を・どんなお客様に・いくつ販売したのか」といった情報がデータベースに蓄積されていきます。このデータをもとに、売れ筋の商品や客層、時間帯を分析し、マーケティングに活かすことができるのもPOSシステム導入のメリットです。

3.複数店舗の一元管理
売上データの一元管理が可能なため複数店舗の経営をしている場合は、本部が状況をリアルタイムに把握して、在庫管理の最適化を図ることができます。店舗ごとの比較も可能です。

4.業務効率化
売上の締め、日報、分析などさまざまな業務の効率化を期待できます。効率化して生まれた時間を、店舗レイアウトの変更やPOP制作など、他の業務に向けることで、良好なサイクルの店舗運営を可能にします。

ジャスミー(JMY)とは?価格動向や今後の見通し・将来性を徹底解説

仮想通貨JMY 将来性・見通しを徹底解説

ジャスミー(JMY)の現在の価格動向

取引の基本や利益の出し方をわかりやすく解説 引用:TradingView

これはあらゆるリスク資産の市場がリスクオフ相場になっているからで、特に利益の目処がたっていないジャスミー(JMY)などは売られやすい状況が続いています。

いつまでこうした下げトレンドが続くかわかりませんが、本格的に注目される前に取引を考えている方は、国内取引所の BitPointの公式サイトをチェックしてみてください。

ジャスミー(JMY)のこれまでの価格動向

ジャスミー(JMY)のこれまでの価格動向

引用:TradingView

この時ジャスミー(JMY)に何か大きなニュースが発表されたというわけではなく、 他の通貨と同じく市場全体がリスクオンの相場となり上昇したのです。

仮想通貨は特に、こうした読めないタイミングで価格が大きく変動する場合があります。

ジャスミー(JMY)に興味がある方は、国内で取引に対応している BitPointの公式サイトを調べてみてください。

MATSUI FX 取引の基本や利益の出し方をわかりやすく解説 (松井証券)の特徴やおすすめポイントを解説!

【どんなFX会社?】
MATSUI FXは、ネット証券大手の松井証券が提供するFX口座。
「1通貨単位」の低コスト取引が可能な、初心者におすすめの口座!

特に注目なのが、 FX業界では珍しい「1通貨単位」での取引が可能 だということ。FXの一般的な最低取引単位は1000通貨なので、 MATSUI FX ではその1000分の1の規模の取引が可能になる。もちろん、1通貨の取引でも売買手数料は0円なので、取引にかかる実質的なコストはスプレッド分のみとなる。

また、一般的なFX会社では一律で25倍に設定されていることが多い レバレッジを、1倍・5倍・10倍・25倍の4つのコースから選択できる のも特徴。投資スタイルに合わせた好みのコースを選択することで、リスク管理もしやすくなる。FXを始めたばかりの投資家や、リスクを抑えた取引をしたい投資家には非常におすすめ。

MATSUI FX(松井証券)のおすすめポイント

【最低取引単位】
MATSUI FX (松井証券)では「1通貨単位」の取引が可能!
FX初心者におすすめの、少額でリスクを抑えた取引ができる

MATSUI FX(松井証券) は、 「1通貨単位」で取引できるのが最大のメリット 。取引量が小さければ小さいほど、取引に必要な資金は少額で済み、為替レートの変動によるリスクも極限まで抑えることができるので、FX初心者には特におすすめ。

MATSUI FX 以外にも、 SBI FXトレード で1通貨単位の取引が可能だが、FXの最低取引単位は1000通貨が主流。 MATSUI FX は、超少額の取引が可能となる、数少ない貴重なFX口座の1つだ。しかも、最低取引単位が一般的な1000通貨の場合、取引量は1000通貨、2000通貨、3000通貨……と、1000通貨単位でしか設定することができないが、1通貨単位の MATSUI FX なら、5通貨、10通貨、20通貨……などと、取引量を細かく設定することも可能。

つまり、資金力にあわせて注文する量を柔軟に調整できるのだ。これだけで、 FX初心者や少額投資をメインとする投資家が、 MATSUI FX に口座を開くことを検討する価値は十分にある だろう。

もちろん、 MATSUI FX では 1通貨の取引でも取引手数料(売買手数料)は無料 。取引の総コストはスプレッド分だけだが、 MATSUI FX のスプレッドは総じて満足のいく狭さなので、極めて小さなポジション量のFX取引を、非常に低いコストで行えるのが魅力だ。

【スプレッド】
MATSUI FXのスプレッドは主要通貨ペアで業界最狭水準。
原則固定の提供時間は、動きやすい時間帯をしっかりカバーしているのも魅力!

MATSUI FX(松井証券) のスプレッドは、 米ドル/円は0.2~1.6銭、ユーロ/米ドルは0.4pips(原則固定)など、総じて業界最狭レベル 。しかも、原則固定スプレッドが適用される通貨ペアでは、取引時間中は常に「原則固定」のスプレッドが提供されるのも魅力だ。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる