ビギナーバイナリーオプション

米金利にらみの外為市場

米金利にらみの外為市場

【来週の注目材料】今後の米FRBの金融政策動向にらみ注目集まる=米雇用統計

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 米金利にらみの外為市場 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「 証券取引等監視委員会への情報提供 」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

◎〔外為・今日の材料〕ドル、135円台後半=新規材料難で方向感得られず(5日)

5日の東京外国為替市場のドルの対円相場は、前日の米国市場が休場で新規の手掛かり材料が乏しく、1ドル=135円台後半を軸にもみ合い商状が続きそうだ。日経平均株価やアジア株などの動向を眺めながら、方向感を探る展開が続くとみられる。予想レンジは135円20〜136円20銭。
前日の海外時間は、欧州時間に135円台前半から半ばを中心に方向感なく推移した後、米国時間に入るとドル買いが強まり、135円80銭付近まで水準を切り上げた。欧州金利の上昇などが刺激要因となり、ドル買い・円売りが優勢になったようだ。ただ、米国市場が独立記念日で休場だったことから、市場では「全般はポジション調整の取引が中心で、値動きも限定的だった」(大手邦銀)と受け止められている。
東京の早朝は売り買いが交錯し、135円60銭台から同80銭台のレンジで上下するなどやや振幅が大きくなった。
東京時間も序盤は新規材料難から動意が乏しくなることが予想される。日本時間今夜発表される5月の米製造業受注の内容を見極めたいとのムードが広がる可能性もある。もっとも「米長期金利が高い水準を維持していることから、ドル円は底堅く推移するのでは」(同)との見方が出ていた。日経平均の動きなどをにらみつつ、方向感を探ることになりそうだ。
きょうの東京時間には、10年債の入札が実施されるほか、6月の財新・中国サービス業PMIや、豪中銀による金融政策の結果が発表される。欧米時間の注目は米製造業受注程度。(了)
[時事通信社]

最新人気記事

新着ニュース

初心者おすすめ記事

ネット証券を徹底比較

株初心者入門

ロボアドの選び方

ポイント投資とは?

少額投資ではじめる株式投資

証券会社の選び方とは?

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

投資コラム・特集
ヤフーファイナンスお勧め
関連サイト

最新投稿日時:2022/07/05 08:26 米金利にらみの外為市場 - 「◎〔外為・今日の材料〕ドル、135円台後半=新規材料難で方向感得られず(5日)」(時事通信社)

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

◎〔外為・今日の材料〕ドル、135円台後半=新規材料難で方向感得られず(5日)

5日の東京外国為替市場のドルの対円相場は、前日の米国市場が休場で新規の手掛かり材料が乏しく、1ドル=135円台後半を軸にもみ合い商状が続きそうだ。日経平均株価やアジア株などの動向を眺めながら、方向感を探る展開が続くとみられる。予想レンジは135円20〜136円20銭。
前日の海外時間は、欧州時間に135円台前半から半ばを中心に方向感なく推移した後、米国時間に入るとドル買いが強まり、135円80銭付近まで水準を切り上げた。欧州金利の上昇などが刺激要因となり、ドル買い・円売りが優勢になったようだ。ただ、米国市場が独立記念日で休場だったことから、市場では「全般はポジション調整の取引が中心で、値動きも限定的だった」(大手邦銀)と受け止められている。
東京の早朝は売り買いが交錯し、135円60銭台から同80銭台のレンジで上下するなどやや振幅が大きくなった。
東京時間も序盤は新規材料難から動意が乏しくなることが予想される。日本時間今夜発表される5月の米製造業受注の内容を見極めたいとのムードが広がる可能性もある。もっとも「米長期金利が高い水準を維持していることから、ドル円は底堅く推移するのでは」(同)との見方が出ていた。日経平均の動きなどをにらみつつ、方向感を探ることになりそうだ。
きょうの東京時間には、10年債の入札が実施されるほか、6月の財新・中国サービス業PMIや、豪中銀による金融政策の結果が発表される。欧米時間の注目は米製造業受注程度。(了)
[時事通信社]

最新人気記事

新着ニュース

初心者おすすめ記事

ネット証券を徹底比較

株初心者入門

ロボアドの選び方

ポイント投資とは?

少額投資ではじめる株式投資

証券会社の選び方とは?

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

投資コラム・特集
ヤフーファイナンスお勧め
関連サイト

最新投稿日時:2022/07/05 08:米金利にらみの外為市場 26 - 「◎〔外為・今日の材料〕ドル、135円台後半=新規材料難で方向感得られず(5日)」(時事通信社)

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME 米金利にらみの外為市場 Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 米金利にらみの外為市場 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

◎〔外為・今日の材料〕ドル、135円台後半=新規材料難で方向感得られず(5日)

5日の東京外国為替市場のドルの対円相場は、前日の米国市場が休場で新規の手掛かり材料が乏しく、1ドル=135円台後半を軸にもみ合い商状が続きそうだ。日経平均株価やアジア株などの動向を眺めながら、方向感を探る展開が続くとみられる。予想レンジは135円20〜136円20銭。
前日の海外時間は、欧州時間に135円台前半から半ばを中心に方向感なく推移した後、米国時間に入るとドル買いが強まり、135円80銭付近まで水準を切り上げた。欧州金利の上昇などが刺激要因となり、ドル買い・円売りが優勢になったようだ。ただ、米国市場が独立記念日で休場だったことから、市場では「全般はポジション調整の取引が中心で、値動きも限定的だった」(大手邦銀)と受け止められている。
東京の早朝は売り買いが交錯し、135円60銭台から同80銭台のレンジで上下するなどやや振幅が大きくなった。
東京時間も序盤は新規材料難から動意が乏しくなることが予想される。日本時間今夜発表される5月の米製造業受注の内容を見極めたいとのムードが広がる可能性もある。もっとも「米長期金利が高い水準を維持していることから、ドル円は底堅く推移するのでは」(同)との見方が出ていた。日経平均の動きなどをにらみつつ、方向感を探ることになりそうだ。
きょうの東京時間には、10年債の入札が実施されるほか、6月の財新・中国サービス業PMIや、豪中銀による金融政策の結果が発表される。欧米時間の注目は米製造業受注程度。(了)
[時事通信社]

最新人気記事

新着ニュース

初心者おすすめ記事

ネット証券を徹底比較

株初心者入門

ロボアドの選び方

ポイント投資とは?

少額投資ではじめる株式投資

証券会社の選び方とは?

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

投資コラム・特集
ヤフーファイナンスお勧め
関連サイト

最新投稿日時:2022/07/05 08:26 米金利にらみの外為市場 - 「◎〔外為・今日の材料〕ドル、135円台後半=新規材料難で方向感得られず(5日)」(時事通信社)

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

◎〔外為・今日の材料〕ドル、135円台後半=新規材料難で方向感得られず(5日)

5日の東京外国為替市場のドルの対円相場は、前日の米国市場が休場で新規の手掛かり材料が乏しく、1ドル=135円台後半を軸にもみ合い商状が続きそうだ。日経平均株価やアジア株などの動向を眺めながら、方向感を探る展開が続くとみられる。予想レンジは135円20〜136円20銭。 米金利にらみの外為市場
前日の海外時間は、欧州時間に135円台前半から半ばを中心に方向感なく推移した後、米国時間に入るとドル買いが強まり、135円80銭付近まで水準を切り上げた。欧州金利の上昇などが刺激要因となり、ドル買い・円売りが優勢になったようだ。ただ、米国市場が独立記念日で休場だったことから、市場では「全般はポジション調整の取引が中心で、値動きも限定的だった」(大手邦銀)と受け止められている。
東京の早朝は売り買いが交錯し、135円60銭台から同80銭台のレンジで上下するなどやや振幅が大きくなった。
東京時間も序盤は新規材料難から動意が乏しくなることが予想される。日本時間今夜発表される5月の米製造業受注の内容を見極めたいとのムードが広がる可能性もある。もっとも「米長期金利が高い水準を維持していることから、ドル円は底堅く推移するのでは」(同)との見方が出ていた。日経平均の動きなどをにらみつつ、方向感を探ることになりそうだ。
きょうの東京時間には、10年債の入札が実施されるほか、6月の財新・中国サービス業PMIや、豪中銀による金融政策の結果が発表される。欧米時間の注目は米製造業受注程度。(了)
[時事通信社] 米金利にらみの外為市場

最新人気記事

新着ニュース

初心者おすすめ記事

ネット証券を徹底比較

株初心者入門

ロボアドの選び方

ポイント投資とは?

少額投資ではじめる株式投資

証券会社の選び方とは?

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

投資コラム・特集
ヤフーファイナンスお勧め
関連サイト

最新投稿日時:2022/07/05 08:26 - 「◎〔外為・今日の材料〕ドル、135円台後半=新規材料難で方向感得られず(5日)」(時事通信社)

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる