初心者向けFX入門講座

サポート/レジスタンスレベルを描く方法

サポート/レジスタンスレベルを描く方法
IronFX

サポートラインとレジスタンスラインをプロトレーダーから学ぶ

サポートラインとレジスタンスラインをプロトレーダーから学ぶ

間異なる時間足を分析し、それぞれのサポートライン、レジスタンスラインを見つけるとトレードに役立ちます。 1つの時間足だけを分析すると、重要な情報を見落としている可能性があります。
時間足が長くなるほど、より多くのトレーダーが長時間(期間)足を見ているので、そのサポートラインとレジスタンスラインはより重要になります。日足チャートのレジスタンスラインは、時間足チャートのレジスタンスラインよりも重要ということです。

サポートラインブレイクとレジスタンスラインブレイク戦略

間異なる時間足を分析し、それぞれのサポートライン、レジスタンスラインを見つけるとトレードに役立ちます。 1つの時間足だけを分析すると、重要な情報を見落としている可能性があります。
時間足が長くなるほど、より多くのトレーダーが長時間(期間)足を見ているので、そのサポートラインとレジスタンスラインはより重要になります。日足チャートのレジスタンスラインは、時間足チャートのレジスタンスラインよりも重要ということです。

サポートレジスタンストレードを改善するためのヒント

マーケットの状態を判断する

リスク管理に焦点を当てる

サポートレジスタンス丁度のトレードを避ける

トレード前に準備をする

自分を信頼する

活発な時間にトレードをする

アドバイス

4 コメント

とてもためになりました。
サポレジにも色々な種類があるのですね。
意識しながらチャートを見たいと思います。

移動平均線での分析に
サポート・レジスタンスの根拠もプラスして
エントリータイミングを図り
トレードしていこうと思いました。
ありがとうございます。

コメントを送信 コメントをキャンセル

    なぜ5分足スキャルピングなのか? 2022-04-06 に投稿された FXトレーダーは1日何Pipsを目標に設定すべきか? 2022-02-25 に投稿された グランビルの法則を使った利益の上げ方と損切設定 2022-02-25 に投稿された 1分足スキャルピングには要注意 2022-04-06 に投稿された FXロンドン時間でのトレード稼ぎ方 2022-02-25 に投稿された

私のトレードスタイル

メンタルまとめ

資金管理ヒント

戦略の立て方

最強メンタルコントロール術(189ページ)のPDFコピーを送ります サポート/レジスタンスレベルを描く方法

ご登録ありがとうございます!

最近の投稿

Contact Us

〒156-0052 東京都世田谷区
経堂5-33-13 サポート/レジスタンスレベルを描く方法 105室

Social Media

FXブログ

最強メンタルコントロール術(189ページ)のPDFコピーを送ります.

ご登録ありがとうございます!

【免責事項】 Turn Trading株式会社の提供するコンテンツに含まれる投資手法は、元本および利益を保証するものではありません。投資のリスクについてご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願いいたします。コンテンツの内容には細心の注意を払っておりますが、 その内容の正確性を保証するものではなく、その内容に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。また、当社の許可なく、当コンテンツを転載・掲載することを禁じます。

『サポートライン・レジスタンスライン』とは?引き方、使い方、機能する理由

ラインを引くイメージ写真

FXの手法&テクニカル分析

この記事は約10分で読めます(7,563文字)

あなたも「支持線、抵抗線」「サポートライン・レジスタンスライン」いう言葉を、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

サポートライン(支持線)

サポートラインの図

レジスタンスライン(抵抗線)

レジスタンスラインの図

サポートライン・レジスタンスラインが機能する理由

サポートラインでの反発の図1

1人目は、「図の始めから 売りポジション をもっているトレーダー」

2人目は、「 赤丸 で 買いエントリー をしたトレーダー」

3人目は、「 赤丸 で 売りエントリー をしたトレーダー」

ではその後、レートが再びサポートライン(支持線)に到達した 青丸 では、4人はどういう行動を取るでしょうか?

サポートラインで反発する図

1人目の「始めから売りポジションをもっているトレーダー」は、含み益があります。しかし赤丸で一度反発したのを見たので、「できるだけ多く利益を確保しよう」と考えて、 青丸 で利食いの 「買い」 を行います。

2人目の「 赤丸 で買いエントリーをしたトレーダー」は、上がったレートを見て「もっと買っておけばよかった」と思うため、 サポート/レジスタンスレベルを描く方法 青丸 では 「買い」 を行います。

3人目の「 赤丸 で売りエントリーをしたトレーダー」は、レートが上がってしまい、含み損を抱えていましたので、 青丸 で建値に戻った時点で逃げようとして、エグジットの 「買い」 を行います。

4人目の「様子を見ていたトレーダー」は、一度は上がったレートをみて「買っておけばよかった」と後悔していましたから、 青丸 では喜んで 「買い」 を行います。

──なんと、 青丸 ではみんなが「買い」を行いました。

水平線(ライン)はローソク足の実体に引く?ヒゲに引く?

もしあなたがFX経験者なら、水平線を引くときに ローソク足のヒゲの先端 に水平線を引くのか、それとも 実体のはしっこ(始値・終値) に引くのかで、迷った経験があるのではないでしょうか?

ですから「ローソク足のどこに水平線を引くか」に一つの正解を求めて、ピンポイントでラインを決めようとするのではなく、 「みんなはどこに注目しているのだろう?」 という視点で考えることが大切です。

サポートラインでの反発のチャート

左側の 赤丸 でレートが反転したのでサポートライン(支持線)を引くことになるわけですが、そこでの選択肢には2つあります。

実際その後、右側の 青丸 を見れば分かるのように、そのゾーンの中でレートは反転~上昇していきました。

あなたが迷うということは、みんなも迷っている

水平線の役割が変わる「ロールリバーサル」

レジスタンスラインを抜けた図

ロールリバーサルの図

ブレイクされたレジスタンスライン(抵抗線)付近では、なんとか建値で逃げたい売りトレーダーたちの 「決済の買い」 と、買いそびれた様子見トレーダーたちの 「新規の買い」 の、それぞれの買い注文が待ち構えていることになります。

このようにラインの役割が転換することを 「ロールリバーサル」 と呼び、別名「サポレジ転換(レジサポ転換)」と呼ばれ、テクニカル分析の重要な要素とされています。

ロールリバーサルは一回だけとは限らない

ロールリバーサルの頻繁な例のチャート

一本の水平線を何度も抜けていますが、 青丸 のところでサポート(支持線)の役割をしたり、レジスタンス(抵抗線)の役割をしたりしているのが分かります。

なので、あなたが引いた水平線が一度ブレイクされても、 「もう注目されなくなった」といって、すぐに消してしまわないことです。 ロールリバーサルが起こって、役割をかえて機能する可能性があることを思い出して下さい。

サポートライン・レジスタンスライン(支持線・抵抗線)の使い方

売り勢力と買い勢力の優勢な側を見極める

注目される高値と安値に引いたライン──つまりサポートライン・レジスタンスライン(支持線・抵抗線)は、 「これ以上はいかせない!」 勢力と、 「なんとしてもブレイクしてやる!」 勢力がぶつかりあう、激戦ポイントになる可能性があることは、もうよくお分かりだと思います。

勝った側についていくコバンザメ的なアプローチ

上位サポートでのコバンザメ戦略

大きな時間軸の状況を考慮することが大切

ここで一つ思い出してもらいたいのが、 「水平線は大きな時間軸のものほど、注目度が高い」 という点です。

例えば、 日足が上昇トレンド サポート/レジスタンスレベルを描く方法 になっているとします。その日足の安値に引いたサポートライン(支持線)付近で、1時間足のサポートラインが、下へブレイクされそうな場面で考えてみましょう。

複数時間軸のラインの図

しかしそこには、 上昇トレンド中の日足のサポートライン があります。

さらにいえば、 大きな時間足チャートのトレンドの方向と、短い時間軸の値動きの方向がそろった状況を狙う のが、FXでおすすめのトレード戦略のひとつになります。

取引におけるサポートとレジスタンスのレベルを決定する方法と意味

取引におけるサポートとレジスタンスのレベルを決定する方法と意味-チャートにプロットし、取引に適用し、レベルごとに取引します。価格はジグザグに移動し、定期的に特定のポイント(反転が発生して逆方向の移動が開始されるレベル)に依存します。これらのポイントは、テクニカル分析の基本的な概念であるサポートレベル(価格が下がるとき)とレジスタンスレベル(価格が上がるとき)と呼ばれます。https://articles.opexflow.com/analysis-methods-and-tools/osnovy-i-methody-texnicheskogo-trajdinga.htm価格はサポートレベルとレジスタンスレベルの間で変動します。価格を超えると、さまざまな強さの抵抗レベルがあり、以下はサポートです。テクニカルレベルが破られ、価格が修正されると、トレーダーは次のレベルへのさらなる価格変動を予測します。
サポート/レジスタンスレベルを描く方法 価格操作は、技術レベルの上下の価格の長期滞在です。下の写真でわかるように、価格は青いレジスタンスレベルを上回りましたが、攻撃は撃退され、ブルズはレベルを超える1つのキャンドルを閉じることができませんでした。

サポートとレジスタンスレベルを決定するための方法

取引におけるサポートとレジスタンスのレベルを決定する方法と意味

概略的には、相場の振る舞いは次のように説明できます。価格が下がると、ある瞬間に価格を逆転させるキーレベルと衝突します。上向きの動きは抵抗レベルによって制限されます。あるレベルでは、価格はサポートを見つけて逆転します。これらのジグザグの動きは常に起こります。トレーダーのタスクは、主要な反転レベルを特定し、正しい方向に取引を開始し、反転の可能性が高い強いレベルに近づいたとき、または市場の状況が変化した直後に終了することです。複雑なことではないように思われますが、各作成者はレベルを作成する独自の方法を持っています。いくつかのマークポイント(線)、他の領域、動的レベルを使用する、またはインジケーターを使用するものもあります。誰の方法が「正しい」かを言うことは不可能であり、レベルに近づいたときに何が起こるかを正確に判断することは不可能です-故障またはリバウンド。トレーダーの仕事は「推測」することではなく、それぞれの場合に何をすべきか、そして誤った予測があった場合に損失を制限する方法を明確に理解することです。レベルを構築する主な方法を考えてみましょう。

水平レベル

  • 日または週の時間枠で履歴チャートを開きます。
  • 「水平線の描画」ツールを選択します。
  • 大幅な価格変動があった場所からの高値と安値に注意してください。2、3回以上逆転した極値は注目に値します。
  • 4時間または1時間のチャートに移動し、同じことを行います。ここには極端なものがありますが、毎日または毎週は表示されません。
  • m15チャートに移動し、最後の3〜5回の取引セッションのデータを開きます。
  • マークレベル;
  • 期間ごとに異なる色を使用することをお勧めします。
  • 水平方向のサポートと抵抗のレベルが構築されます(長期、中期、短期)。

動的(傾斜)レベル

インジケーターを使用したレベルの構築

移動平均、ボリンジャーバンド

価格が逆転する可能性のあるレベルを決定するために、移動平均と
ボリンジャーバンドの平均履歴データに基づく指標を使用することが提案されています
。この図は、ズベルバンクの株式について、時間足チャートのEMA233がどのようにトレンドを保持しているかを示しています。それは上昇トレンドのサポートとして機能し、内訳とテストの後、下降トレンドが始まりました。これは、価格が移動価格を上回って固定された後にのみ終了しました。同時に、移動平均のテストで取引に参加したトレーダーは、もはや関連性のないレベルに縛られることなく、市場に続いてストップを移動することができます。価格のタッチとリバウンドのたびに、トレンドに応じて新しい取引を開始することができました。
ボリンジャーバンドは、過去のデータに基づいて、価格変動の可能性のある範囲を示しています。価格が80%の確率である範囲が形成されます。チャネルラインを動的に変更することの長所と短所の両方。トレーダーはいつでも価格が到達できるレベルを決定できます。線は市場に遅れて続きます、下または上の境界に触れることは逆転を意味しません。価格は変動し続ける可能性があり、ボリンジャーバンドからのシグナルのみで取引を開始することは危険です。

フィボナッチレベル

取引におけるサポートとレジスタンスのレベルを決定する方法と意味

このツールは、フィボナッチ数列に基づいています。各数値は前の2つの合計であり、任意の数値を前の数値で割ると1.61になります。フィボナッチレベルを使用して主要な価格逆転レベルを予測するために、商品は既存のトレンドに関連付けられています。トレンドの修正またはさらなる進展を予測できます。トレンド補正は通常23〜38%であり、極値が壊れた場合、価格は通常128または161%に達します。

マレーレベル

取引におけるサポートとレジスタンスのレベルを決定する方法と意味

価格を予測するために、フィボナッチレベルとガンスクエアシステムを組み合わせたシステムが開発されました。レベルは、選択した時間枠の最後の64個のキャンドルに基づいて自動的に作成されます(期間は変更できます)。インジケーターはTradeviewサービスまたはMetatraderターミナル(MatchMurrey)で利用できます。構築されたグリッドは8つのレベルで構成され、ボラティリティが変化した場合、または価格が正方形を超えた場合に再構築されます。

取引におけるサポートとレジスタンスレベルによる取引アルゴリズム

取引におけるサポートとレジスタンスのレベルを決定する方法と意味

サポートとレジスタンスのレベルは、チャート上の多数の参加者(「群衆」)の行動を示しています。価格レベルで統合された価格、強気と弱気の力はニュースがない限り等しいです。参加者は3つのグループに分けられます-成長に賭ける人、秋に賭ける人、そして未定です。いくつかのニュースが出て価格が急上昇した場合、売った人は自分の間違いを理解し、価格が戻っても損益分岐点で取引を成立させることを夢見ています。購入した人はもっと購入したいと思っており、市場に出ていなかった人は何を成長させるかを決定します。したがって、初期インパルスが発生します。多くの人がテクニカル分析を研究し、トレンドラインでの作業を学び、同じ指標を設定し、重要な極値の背後にストップオーダーを置きます。
このため、条件付きで描画された線は実際に機能します。サポートとレジスタンスのレベルはテクニカル分析の基礎です。トレーディングシステムを構築する場合、トレーダーはキーレベルを構築するための1つ以上の方法を選択できます。あまり多くの方法を選択しないでください。チャートはきれいで、価格の0.2%ごとに線でいっぱいにならないようにする必要があります。構築するとき、トレーダーはレベルを弱いものと強いものとして認定する必要があります。強力なレベルは次のとおりです。

  • 日足以上の期間、できれば週次または月次ベースの履歴チャートの反転ゾーン。
  • 増加したボリュームで形成されるレベル。
  • 「ニュース」キャンドルによって形成されるレベル。たとえば、米国大統領が演説をしていて、資産は衝動的です。しばらくすると、ニュースがない場合、価格は下がりますが、ニュースキャンドルのオープニングを超えず、近づくたびにレベルから跳ね返ります。このレベルは1年以上続く可能性があります。

実際に取引する方法-戦略

リバウンドについて

内訳について

取引におけるサポートとレジスタンスのレベルを決定する方法と意味

トレーダーは、価格がレベルを突破し、より高く統合されるまで待ちます。固定は、レベルを超える取引期間のろうそくの終値と見なされます。価格変動の方向に取引が開始されます。トレーダーはトレンドチャネルを構築し、トレンドが有効である限り、次の各レベルを突破すると、すべての新しい取引を一方向に開きます。
トレーダーは、レベルに近づいたときに何が起こるかを決して知りません。特定のイベントに高い確率を与える可能性がありますが、失敗に備える必要があります。これを行うには、ターミナルでストップロスを設定するか、通知を送信します。価格に達して価格が以下で修正されると、不採算ポジションを清算します。少なくとも1対3のリスクと報酬の比率を守り、ストップのサイズを合理的に縮小するよう努める必要があります。チャート上のサポートとレジスタンスのレベルを決定する方法、サポートとレジスタンスのレベルからトレード:https://youtu.be/0CSyQkPYmg4

ターミナル

取引におけるサポートとレジスタンスのレベルを決定する方法と意味

トレーダーが下取りする市場(株式、金属、原材料など)に関係なく、参加者の心理は変わりません。したがって、レベルは機能します。したがって、どの端末にも基本的な描画ツールがあります。水平線とトレンドライン、長方形、チャネル、フィボナッチレベルです。移動平均、ボリンジャーバンドなど。すべての端末のインジケータの標準パッケージに含まれています。必要な機能が不足している場合、またはレベルのグリッドを構築するのが不便であると思われる場合は、無料のTradeviewサービスを使用できます。

長所と短所

  • システムは市場のどの段階でも機能します。トレンドとフラットの間に違いはありません。正しく使用されれば、レベルはさらなる価格行動を予測するのに役立ちます。
  • 明らかなリスク-レベルで取引する場合、内訳の後に取引を行い、レベルの背後にある価格を修正することは実際には意味がありません。明確に停止し、損失額を事前に設定することができます。
  • 明確に定義されたテイクプロフィット-トレードを終了することもそれほど重要ではありません。レベル間で取引する場合、トランザクションを終了する場所がすぐにわかります。テイクプロフィットは事前に計算されます。
  • トレーダーは、「100ポンドの価格が跳ね返る」、「まあ、私たちは間違いなく突破する」と想像し始めることができます。レベルは群集の行動に基づいており、手動取引では、トレーダーはこの群集の一部です。
  • レベルを計算する効率は、市場のフェーズ(トレンドまたはフラット)に依存します。レベルはこの質問に対する答えを提供しません。このため、追加のツールを使用する必要があります。

使用中のエラー、リスク

初心者によくある間違いは、反転レベルを構築するための多数の方法の組み合わせです。結果として、チャートはレベルの連続グリッドのように見えますが、これは実際的な利点をもたらしません。トレーダーは、レベルが非常に近い場合の対応方法を知りません。100%の確率で、あるラインからの逆転が発生します。これには魔法はありません。トレーダーは、この方法からのラインが最強であり、次回は逆転がないと判断します。取引に対する過度の信頼と損失を制限するストップロスがないため、そのような取引は非常に迅速に預金の流出につながります。
最も強いレベルは、毎日、毎週、または毎月です。リスクの高い短い時間枠での取引は、しばしば悲惨な結果につながります。位置のサイズは、レベルの強度に対応している必要があります。レベルが高いほど、リスクを負う可能性のある預金の割合が高くなります。初心者はレベルの強さを判断する方法を知らず、弱いレベルから取引するときにリスクを取りすぎます。
市場のフェーズを決定することを学ぶ必要があります。フラットまたはトレンド。テクニカル指標、波動分析、ファンダメンタルズ、ボリュームデータ、またはデリバティブ市場に関する情報がこれに役立ちます。レベルはこのデータへの追加にすぎず、ストップロスのサイズを減らすために使用できます。

テスト戦略

取引におけるサポートとレジスタンスのレベルを決定する方法と意味

  • サポートとレジスタンスレベルの定義の明確なルール。レベルを構築してそれに従うには、1つまたは2つの方法を選択する必要があります。
  • トレードに参加するための明確なルール-どのような条件下でのブレイクアウトまたはリバウンドのエントリー。
  • フィルタ-取引を開始する価値があるかどうかを示す、技術的または基本的な追加のインジケータが必要です。市場のすべての段階で同等に機能する取引システムはありません。内訳のトレンド取引がある場合、フラットな市場は損失につながります。
  • リスク管理-ストップのサイズまたはトランザクションがクローズされる条件を明確に定義する必要があります。
  • 利益を得る-クロージングルールを明確に定義します。

手動テスト

取引におけるサポートとレジスタンスのレベルを決定する方法と意味

長い時間枠でのグラフィカルな構築による戦略は、手動でチェックできます。少なくとも1年、できれば5〜10年はチェックする必要があります。これを行うには、必要なインジケーターを設定し、チャートを右にスクロールしてシグナルを探し、仮想取引の結果を記録する必要があります。「未来へ」のぞき見をしないために、例えばTradeviewサービスでトレーディングシミュレーターを使用することができます。これを行うには、チャートを開き、画面上部の[マーケットシミュレーター]ボタンをクリックします。シミュレーションの開始時間(青い縦線)と新しいキャンドルがチャートに表示される速度を選択できます。

Metatraderでの自動テスト

取引におけるサポートとレジスタンスのレベルを決定する方法と意味

Metatraderプログラムで戦略をテストするには、アドバイザーを書く必要があります。プログラミングスキルがない場合は、専門のサービスを利用できます。簡単なアドバイザーの場合、50〜200ドルが請求されます。次に、プログラムに入り、「ストラテジーテスター」をクリックします。
Expert Advisorとインジケーターは、最初にフォルダーC:\ Program Files \ \ Experts \ C:\ Program サポート/レジスタンスレベルを描く方法 サポート/レジスタンスレベルを描く方法 Files \ \indicators\にそれぞれ配置する必要があります。次に、テスターを起動し、設定を行ってテストを開始します。プログラムは、必要に応じて最適化できる結果を提供します。パラメータを変更して、利益/ドローダウンの最適な比率を取得します。

TSLABでのテスト

取引におけるサポートとレジスタンスのレベルを決定する方法と意味

プログラミングの経験がない場合は、TSLABプログラムで無料で戦略をテストできます。
それでも理解する必要がありますが、アプリケーションキューブを操作するための特別なスキル、高校と忍耐力のための十分な知識は必要ありません。必要な戦略をテストするには:

cTraderの「等距離プライスチャネル」のチャートへの応用・使い方がわかりません。

ctrader チャネル

IronFX

IronFX

IronFX

Axiory

ページナビゲーション

    サポート/レジスタンスレベルを描く方法
  1. ホーム
  2. FAQ
  3. cTraderの「等距離プライスチャネル」のチャートへの応用・使い方がわかりません。

最近のコメント

elsa のコメント

cicicico のコメント

先駆け! のコメント

fxgt のコメント

やはた のコメント

axiorier のコメント

海外FX会社

仮想通貨取引所

新着情報・お知らせ

  • IronFX(アイアンFX)が、最大レバレッジ引き上げ - CFD取引の必要証拠金額を引き下げ
  • TitanFX(タイタンFX)が、FX口座と証券CFD口座を統合
  • XM(XMTrading)が、最大レバレッジを1,000倍に引き上げ
  • SimpleFX(シンプルFX)が、最大レバレッジを1,000倍に引き上げ
  • FXGTが、無料VPSホスティングサービスを提供開始
  • XM(XMTrading)が、仮想通貨取引を再開 - ハイレバ250倍&スワップフリー&24時間365日取引できる

重要なお知らせ

  • SuperForex(スーパーフォレックス)より、模倣サイトを使った詐欺に関する注意喚起
  • AXIORY(アキシオリー)より、模倣サイトおよびAXIORYを名乗る偽メールに関する注意喚起
  • HotForex(ホットフォレックス)より、偽装サイトに関する注意喚起
  • サポート/レジスタンスレベルを描く方法 サポート/レジスタンスレベルを描く方法
  • XM(XMTrading)より、偽サイトや偽アプリに関する注意喚起 - 詐欺に注意
  • AXIORY(アキシオリー)より、お中元ボーナスキャンペーンに関する大切なお願い
  • 廣常智輝(広常智輝、ひろつねともき、Tomoki Hirotsune、徳島県名西郡石井町在住)への警告

キャンペーン

  • CryptoAltum 25%入金ボーナス - コンバインド・プラス口座限定キャンペーン
  • AximTrade × みんなで海外FX 口座開設キャッシュバック 最高10万円
  • CryptoAltum 100%+25%入金ボーナス
  • ThreeTrader LAMYのボールペン 先着100名
  • FXGT公式キャッシュバック 最大50ドル/GTロット
  • XM(XMTrading)100%入金ボーナス

キャンペーンとボーナス

ニュース・リリース

コントラクト

みんなで海外FXは、個人投資家・トレーダーのためのFX・株式投資総合情報サイトです。 日本国外の証券会社(海外証券会社)、日本国外のFX会社(海外FX会社)の情報を中心に、投資用の各種海外口座における会社選びや口座選びの安心と安全の目安を提供します。 これから海外口座で投資(FXや株式、CFDなど)を始める方も、既に海外口座をご利用でも、どんな方でもご利用いただける情報の提供を行っています。 2016年より、海外取引所を中心に仮想通貨取引所および仮想通貨販売所の掲載を開始しました。

投資は、開始される前に市場の仕組みや各社の定める規定や契約を十分に認識し、取引システムの操作方法への理解を深めていただく必要があります。 金融サービスガイドやリスクの説明は、各社のサポートデスクまでお問い合わせください。 取引を開始される前に、金融サービスガイドやリスク説明をお読みいただくようお願いいたします。 いついかなる場面でも、必ずご自身の意思で投資を開始されてください。

みんなで海外FXが提供する全てのサービス及び全ての情報は、FXや株式投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、勧誘を目的としたものではありません。あわせて、当サイトは、主にユーロ圏在住の日本語スピーカーの方へ向けたものであり、日本在住の方を勧誘することを意図したものではありません。 みんなで海外FXに含まれる市場分析やその他情報は全て個人の見解であり、情報の正確性・普遍性などにおきまして一切の保証・確約をするものでもございません。みんなで海外FXの情報やその内容につきましては万全を期しておりますがその内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じたいかなる損害についてもみんなで海外FXおよび本情報提供者は一切の責任を負うものではないことを予めご了承ください。 みんなで海外FXでは、各種の投資商品及び投資におけるアドバイスは提供しておりません。 みんなで海外FX上の記載事項は、予告なしに内容が変更又は廃止される場合がございます。 ユーザーは、FX会社(海外FX会社、海外FX業者、海外証券会社)の選択、取引口座(海外口座、海外FX口座、証券口座)の開設、資金のご入金、投資行為、その全てをご自身の責任で行うものです。みんなで海外FXは、ユーザーのどのような行為であってもユーザーの責任のもとで発生したいかなる損害に対して責任を負いかねます。 実際に利用する取引口座の設定や環境(スプレッド、ロスカット、マージンコール、取り扱い銘柄など)必ずご自身でご利用となるFX会社(証券会社)にてご確認ください。 みんなで海外FXは、ユーザーが利用するFX会社(証券会社)が提供するサービスにつきまして、一切の責任を負わず、FX会社はみんなで海外FXが提供するサービスに責任を負いません。ご利用のFX会社とみんなで海外FX、それぞれに対しユーザーがその全責任を負う必要があります。 上記されるユーザーの責任につきましては、みんなで海外FXにFXや株式投資だけではなく掲載される全てのファイナンシャル・サービス(電子マネー、オンライン・ウォレット、市況配信サービスなど)においても同様です。投資の抱えるリスクについて十分にご理解とご納得の上でお取引してください。

FXの抵抗線と支持線を一発描画してくれるインジケーター

無料インジケーター

レジサポ自動描画

価格がこれ以上に上昇しないラインを抵抗線もしくはレジスタンスライン

価格がこれ以下に下落しないラインを支持線もしくはサポートライン

なぜなら抵抗線と支持線は、 最も重要なトレードポイント とされるからです。

逆張りとトレンド発生

固い(なかなか突破できない)ラインを突破したら トレンドの発生ポイント になりますし、逆に固いラインで跳ね返されたらレンジの 逆張りポイント になります。

では、このラインはどうやって見つければ良いのでしょうか?

FXの抵抗線・支持線はなぜ重要なのか?

重要なのは、 多くのトレーダーに意識されている 抵抗線(もしくは支持線)を的確に把握することです!!

そしてできれば、 そのラインの厚み(固さ)はどれほどなのか? というのも把握したいところ。

そこで便利なインジケーター 「fxr_sr_zones」 を使います!!

fxr_sr_zonesインジケーター導入

fxr_sr_zones

①抵抗線と支持線を自動描画
②ラインの固さを厚みでビジュアル描画
③全ての通貨・時間足で使用可能

青→支持線(サポートライン)

赤→抵抗線(レジスタンスライン)

fxr_sr_zonesをチャートに適用

このインジケーターの凄いところはただラインを引いてくれるだけでなく、 各ポイントごとにラインを引いてくれます 。そして、 抵抗線・支持線の固さを線幅で分かりやすく表示 します。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる