FX取引の仕組み

エリオット波動論とは

エリオット波動論とは
参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.エリオット波動論とは html

エリオット分析No.719(2022/07/03 14時)チャート:1時間足、5分足

テクニカル投資研究会:https://technical-analysis-research.com/
波のクラス説明:https://youtu.be/rvIb6dRXQVE
エリオット分析の専門家が伝授する波動分析をお伝えします。
エリオット波動基本講座
第1回 https://youtu.be/k_LTck9–7g
第2回 https://youtu.be/HBwSB24AsQo
第3回 https://www.エリオット波動論とは youtube.com/watch?v=2K1aRWjy-PM&t=15s
第4回 https://youtu.be/rqnZgtPOXUM
日経225先物、ニューヨークダウ、ナスダックについて、
今後株価推移をエリオット分析に基づき合理的に予想します。
ザラ場中にも投稿していますのでデイトレでも参考になります。
ご感想、ご意見をお待ちしております。(コメント欄にお願いします)

1970年以降生まれの「僕らの資産運用」〔エリオット波動理論〕フラッグ、斜行三角形の売時・買時

0 1970年以降生まれの「僕らの資産運用」 当事務所ブログ『1970年以降生まれの「ライフ&マネー塾」』内の関連コンテンツです。 ★使用しているテクニカルチャート TradingView: ※使いやすいので、チャートを見ながらしっかりと.

エリオット分析No.552(2021/12/9 19時)チャート:5分足

0 テクニカル投資研究会: 波のクラス説明: エリオット分析の専門家が伝授する波動分析をお伝えします。 エリオット波動基本講座 第1回 第2回 第3回 第4回 日経225先物、ニューヨークダウ、ナスダックについて、 今後株価推移を.

【第1054回】ニュージー系4通貨&おまけドル円解説 素人ハーモニックや3・5波の取り方や、エリオット波動の取り入れ方を解説 2022年3月24日

0 00:00 オープニング 00:42 ニュージースイス・素人ハーモニック忘れてた! 18:14 ニュージー円・追撃ロングにチャレンジしたいが、まだスキル不足っぽい 33:36 ニュージードル・1時間足押しからロングが安全と思われる 4.

エリオット波動3波の入れ替わり

0 エリオット波動の3波は1波が変わることによって発生します。 よくあるパターンですので研究してみて下さい! #エリオット波動 #3波 #1波が代わる 会員ご希望の方はコチラ ライン公式 会員専用 配信サービス利用目的 1、本サービ.

エリオット波動分析 2020年10月30日

ドル円、ユーロドル、ポンドドルの相場解説です。 大きな流れをエリオット波動で分析し、直近の戦略は移動平均線やトレンドライン、ローソク足などのベーシックなものを使って判断しています。 本動画はエリオット波動や移動平均線を主体としたトレー.

【FX】NYダウ【エリオット波動デイトレ】買いはする気ないです。売りは15分レベル下降1波発生したらエントリー考えます。

難しいエリオット波動を楽しく簡単にみにつけよう!第1回インパルス

難解と言われるエリオット波動を楽しく簡単に身につけよう!という企画です。間違えたエリオット波動を身につけてしまうと大変なことになりますので、正しいルールとガイドラインを着実に習得して行きましょう。 著者略歴 吉田裕章/よしだひろあき 慶.

エリオット波動論概要

原油が上昇し続けていますが、ファンダメンタルズでは非常にベアなニュースが伝わってきています。原油はどこまで上がるのか?エリオットとタイムサイクルでズバリ予測します。2020年12月16日

0 原油が上昇し続けていますが、ファンダメンタルズでは非常にベアなニュースが伝わってきています。原油はなぜ上がっているのか?どこまで上がるのか?エリオット波動とタイムサイクルでズバリ予測します。ポンド円もアップデート ■1分レッスンシリー.

エリオット分析No.548(2021/12/3 19時)チャート:5分足

0 テクニカル投資研究会: 波のクラス説明: エリオット分析の専門家が伝授する波動分析をお伝えします。 エリオット波動基本講座 第1回 第2回 第3回 第4回 日経225先物、ニューヨークダウ、ナスダックについて、 今後株価推移を.

【FX】来週の4月26日~5月1日相場展望 (ドル円、ユーロドル、ユーロ円、ポンドドル、ポンド円

0 FX【ドル円、ユーロドル、ユロ円、ポンドドル、ポンド円】来週のトレードシナリオ予想 ※5月26日~5月1日 ■目次 00:00​ オープニング 00:10​ ドル円 03:28 ユロドル 06:56​ ユロ円 08:45 ポンドド.

分析と勘によるFX/トレードマニュアル

画像1

参考:https://www.oanda.jp/lab-education/technical_analysis/elliott_wave/beginner/

参考:https://www.gaitameonline.com/academy_chart13.jsp

波動の特定方法

あとで詳しく解説していきますが、そもそも推進波は5波構成・修正波は3波構成というのは、原則であって例外があります。

参考:https://www.oanda.jp/lab-education/technical_analysis/elliott_wave/beginner/

では、その基準とは何かというと、ズバリ「オシレーター」です。(私はRCIを使います)

参考:https://www.エリオット波動論とは oanda.jp/lab-education/technical_analysis/elliott_wave/beginner/

考え方としては「原則と例外を作る」ことです。

エリオット波動論の基礎知識

推進波と修正波について

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott.html

ですから「原則として、修正波は5波構成(修正波は3波構成)だけど、例外がある」というように考えるようにしましょう。

推進波はトレンドを細かく分析したもの

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott3.html

エクステンション(波の延長)

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

そういった実際の相場の動きに対して例外ルールが設けられることがエリオット波動論ではあります。

この違いは「トレンド(推進波)なのか?そうではない(修正波のパターン)なのか?」です。

参考:https://www.panrolling.エリオット波動論とは com/books/wb/elliott/elliott3.html

(上図:トレンド) (下図:トレンドもどき)

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

修正波では「パターン分析」ができる

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

フラクタルについて

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott.html

フラクタルはエリオット波動論を理解する上で1つの壁になりやすいのですが、実際はこのような綺麗なフラクタルを描くことはないということです。

期間の異なるRCIを比較する

複数の時間軸を確認する

(DAY) (1H)

(4H) (30M)

青四角について

ズバリ青四角は見ているチャートの時間軸よりも「小さいサイクルの修正波(複合型)」になります。

エリオット波動論とは

ちなみに、15分足を見ていたのに「サイクルが小さくなる」というのがピンと来ない方もみえるかもしれませんが、これは「相場に現れる波動(サイクル)は切り替わるもの」と覚えて下さい。

エリオット分析No.719(2022/07/03 14時)チャート:1時間足、5分足

テクニカル投資研究会:https://technical-analysis-research.com/
波のクラス説明:https://youtu.be/rvIb6dRXQVE
エリオット分析の専門家が伝授する波動分析をお伝えします。
エリオット波動基本講座
第1回 https://youtu.be/k_LTck9–7g
第2回 https://youtu.be/HBwSB24AsQo
第3回 https://www.youtube.com/watch?v=2K1aRWjy-PM&t=15s
第4回 https://youtu.be/rqnZgtPOXUM
日経225先物、ニューヨークダウ、ナスダックについて、
今後株価推移をエリオット分析に基づき合理的に予想します。
ザラ場中にも投稿していますのでデイトレでも参考になります。
ご感想、ご意見をお待ちしております。(コメント欄にお願いします)

12.どんな所でもエリオット5波達成はトレンドが転換するところ

FXの学習成果を報告していきます。 為替相場にはランダムに見えて実は一定の法則が働いております。 非常にためになるので、遊びに来てください。 #FX#投資#エリオット波動#N波動#ウォルフ波動#フィボナッチ#テクニカル分析

【質疑応答】FXの学習や検証を一緒にする空間を作りたい

0 エリオット波動論とは 【おすすめ動画】 ☆エリオット波動入門 ⇒ ☆通貨の強弱入門 ⇒ エリオット波動論とは 過去検証のやり方 ⇒ 【有料note】 ★通貨の強弱の判断方法(FXにおける最強の環境認識) ⇒ ★エリオット波動のカウント方法【インジケーターを使って誰でも再現可.

エリオットで実践する株式投資(2020/10/25 NY-Dow ニューヨーク・ダウ)

テクニカル投資研究会 エリオット分析の専門家が伝授する波動分析をお伝えします。 波のクラス説明 エリオット波動基本講座は準備中です。 日経225先物、ニューヨークダウ、ナスダックについて、 今後株価推移をエリオット分析に基づき.

エリオット分析No.604(2022/02/15 21時)チャート:5分足

0 エリオット波動レポート 【↓エリオット波動をもっと知りたい方は、こちらから】 テクニカル投資研究会: 波のクラス説明: エリオット分析の専門家が伝授する波動分析をお伝えします。 エリオット波動基本講座 第1回 第2回 第3回 .

分析と勘によるFX/トレードマニュアル

画像1

参考:https://www.oanda.jp/lab-education/technical_analysis/elliott_wave/beginner/

参考:https://www.gaitameonline.com/academy_chart13.jsp

波動の特定方法

あとで詳しく解説していきますが、そもそも推進波は5波構成・修正波は3波構成というのは、原則であって例外があります。

参考:https://www.oanda.jp/lab-education/technical_analysis/elliott_wave/beginner/

では、その基準とは何かというと、ズバリ「オシレーター」です。(私はRCIを使います)

参考:https://www.oanda.jp/lab-education/technical_analysis/elliott_wave/beginner/

考え方としては「原則と例外を作る」ことです。

エリオット波動論の基礎知識

推進波と修正波について

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott.html

ですから「原則として、修正波は5波構成(修正波は3波構成)だけど、例外がある」というように考えるようにしましょう。

推進波はトレンドを細かく分析したもの

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott3.html

エクステンション(波の延長)

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

そういった実際の相場の動きに対して例外ルールが設けられることがエリオット波動論ではあります。

この違いは「トレンド(推進波)なのか?そうではない(修正波のパターン)なのか?」です。

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott3.html

(上図:トレンド) (下図:トレンドもどき)

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

修正波では「パターン分析」ができる

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

フラクタルについて

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott.html

フラクタルはエリオット波動論を理解する上で1つの壁になりやすいのですが、実際はこのような綺麗なフラクタルを描くことはないということです。

期間の異なるRCIを比較する

複数の時間軸を確認する

(DAY) (1H)

(4H) (30M)

青四角について

ズバリ青四角は見ているチャートの時間軸よりも「小さいサイクルの修正波(複合型)」になります。

ちなみに、15分足を見ていたのに「サイクルが小さくなる」というのがピンと来ない方もみえるかもしれませんが、これは「相場に現れる波動(サイクル)は切り替わるもの」と覚えて下さい。

分析と勘によるFX/トレードマニュアル

画像1

参考:https://www.oanda.jp/lab-education/technical_analysis/elliott_wave/beginner/

参考:https://www.gaitameonline.com/academy_chart13.jsp

波動の特定方法

あとで詳しく解説していきますが、そもそも推進波は5波構成・修正波は3波構成というのは、原則であって例外があります。

参考:https://www.oanda.jp/lab-education/technical_analysis/elliott_wave/beginner/

では、その基準とは何かというと、ズバリ「オシレーター」です。(私はRCIを使います)

参考:https://www.oanda.エリオット波動論とは jp/lab-education/technical_analysis/elliott_wave/beginner/

考え方としては「原則と例外を作る」ことです。

エリオット波動論の基礎知識

推進波と修正波について

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott.html

ですから「原則として、修正波は5波構成(修正波は3波構成)だけど、例外がある」というように考えるようにしましょう。

推進波はトレンドを細かく分析したもの

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott3.html

エクステンション(波の延長)

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

そういった実際の相場の動きに対して例外ルールが設けられることがエリオット波動論ではあります。

この違いは「トレンド(推進波)なのか?そうではない(修正波のパターン)なのか?」です。

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott3.html

(上図:トレンド) (下図:トレンドもどき)

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

エリオット波動論とは

修正波では「パターン分析」ができる

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

フラクタルについて

参考:https://www.エリオット波動論とは panrolling.com/books/wb/elliott/elliott.html

フラクタルはエリオット波動論を理解する上で1つの壁になりやすいのですが、実際はこのような綺麗なフラクタルを描くことはないということです。

期間の異なるRCIを比較する

複数の時間軸を確認する

(DAY) (1H)

(4H) (30M)

青四角について

ズバリ青四角は見ているチャートの時間軸よりも「小さいサイクルの修正波(複合型)」になります。

ちなみに、15分足を見ていたのに「サイクルが小さくなる」というのがピンと来ない方もみえるかもしれませんが、これは「相場に現れる波動(サイクル)は切り替わるもの」と覚えて下さい。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる