投資助言

安全なアービトラージシステムの開発

安全なアービトラージシステムの開発

ISO 21448 SOTIF(Safety of the intended functionality)意図した機能の安全性―概要編―

自動運転社会の実現に向けて各社が自動運転車の開発を続ける中で、2022年にはSAE自動運転レベル3の量産車がドイツの車両メーカーより市場に投入されました。2021年に日本の車両メーカーが市場投入したことに続く動きであり、今後も各社の自動運転に向けた開発はますます加速することが想定されます。こうした中、ISO 21448 SOTIF(Safety of the intended functionality: 意図した機能の安全性)が2022年6月30日に発行されました。ISO 21448はUNECE WP29(自動車基準調和世界フォーラム)のUNR157(ALKS: 自動車線維持システム法規基準)に関連する国際標準規格として位置づけられているほか、ISO/DIS 34502(Road vehicles-Scenario-based safety evaluation framework for Automated Driving Systems)と相互参照する関係にあります。従って、自動運転システムの安全性評価手法を確立し、安心・安全な自動運転社会を実現するためには、関連法規や国際標準規格に準拠するとともに、本標準規格に対応することが求められます。

  • ISO 21448の概要
  • SOTIFとは何か?
  • 自動運転システム開発になぜSOTIFが必要なのか?

ISO 21448概要

ISO 21448の成り立ち

ISO 21448はISO/TC22/SC32/WG8において、UNR157の法整備と並行して策定され、発効されました。これは自動運転車をはじめとする、大規模、複雑かつ高度な車載電子システムの安全性を保証する開発手法に関する国際標準規格であり、ISO 26262(Functional safety: 機能安全)では網羅しきれなかった部分の安全性を補完することを目的としています。

SOTIFとは?

自動車の安全保証におけるSOTIFの守備範囲

既に広く普及しているISO 26262(Functional safety:機能安全)は、システム自体の故障による危険事象の発生を防止することを目的とした安全規格です。それに対してISO 21448は図表2で示すとおり、システムの故障がない状態における危険事象の発生を防ぐことを目的とした安全規格であり、ISO 26262を補完する関係にあります。

安全なアービトラージシステムの開発

画像のキャプション

画像のキャプション

竹中工務店は、東芝ライテック、ホーチキと共同で火災の発生場所に応じて危険な避難経路に人が進入しないように「進入禁止」表示を行う独自の避難口誘導灯(特許出願済み)を開発した。商業施設や展示場など大規模施設の安全かつスムーズな避難誘導に役立つ。今後、不特定多数が利用する施設や避難経路が複雑な施設などを対象に適用拡大を目指す。 避難経路で火災が発生した場合、火災によって使用できなくなった避難経路にある誘導灯に進入禁止の「×」印を表示することで、火災の発生状況に応じて、建物利用者を安全な避難口に誘導する仕組みとなる。
日本消防設備安全センターの「消防防災システム評価」を取得。6月に竣工した名古屋モノづくりメッセの「名古屋市国際展示場新第1展示館整備事業」(設計=久米設計・竹中工務店JV、施工=竹中工務店)に適用した。
商業施設や展示場など不特定多数が利用する施設・建物は、避難口や避難方向を指示する表示設備として「避難口誘導灯」の設置が義務付けられている。
一定規模以上の建物は建物にいる人々が安全に避難できるように複数の避難経路を計画しているが、出火場所によっては一部の避難経路が利用できなくなってしまう。
避難口誘導灯が表示されたままだと、避難者が誤って危険な避難経路に誘導されてしまうという懸念があった。
新たに開発した避難口誘導灯は火災報知器(センサー)が火災が検知すると、制御盤を介して、あらかじめ設定された避難口誘導灯に進入禁止の「×」印を表示。使用できない避難経路にある階段などに避難者が押し寄せて事故や混乱を引き起こすのを防ぐ。
商業施設や展示場のような不特定多数が利用する施設や大規模倉庫などを対象に、火災の発生状況に応じた適切な避難誘導を促すためのサポートツールとして、今後の積極的な適用が期待される。

安全なアービトラージシステムの開発

画像のキャプション

画像のキャプション

竹中工務店は、東芝ライテック、ホーチキと共同で火災の発生場所に応じて危険な避難経路に人が進入しないように「進入禁止」表示を行う独自の避難口誘導灯(特許出願済み)を開発した。商業施設や展示場など大規模施設の安全かつスムーズな避難誘導に役立つ。今後、不特定多数が利用する施設や避難経路が複雑な施設などを対象に適用拡大を目指す。 避難経路で火災が発生した場合、火災によって使用できなくなった避難経路にある誘導灯に進入禁止の「×」印を表示することで、火災の発生状況に応じて、建物利用者を安全な避難口に誘導する仕組みとなる。
日本消防設備安全センターの「消防防災システム評価」を取得。6月に竣工した名古屋モノづくりメッセの「名古屋市国際展示場新第1展示館整備事業」(設計=久米設計・竹中工務店JV、施工=竹中工務店)に適用した。
商業施設や展示場など不特定多数が利用する施設・建物は、避難口や避難方向を指示する表示設備として「避難口誘導灯」の設置が義務付けられている。
一定規模以上の建物は建物にいる人々が安全に避難できるように複数の避難経路を計画しているが、出火場所によっては一部の避難経路が利用できなくなってしまう。
避難口誘導灯が表示されたままだと、避難者が誤って危険な避難経路に誘導されてしまうという懸念があった。
新たに開発した避難口誘導灯は火災報知器(センサー)が火災が検知すると、制御盤を介して、あらかじめ設定された避難口誘導灯に進入禁止の「×」印を表示。使用できない避難経路にある階段などに避難者が押し寄せて事故や混乱を引き起こすのを防ぐ。
商業施設や展示場のような不特定多数が利用する施設や大規模倉庫などを対象に、火災の発生状況に応じた適切な避難誘導を促すためのサポートツールとして、今後の積極的な適用が期待される。

Database Design

Database Design

※従属関係:A→B。Aの値が決まると、Bの値も決まる。
下の学生テーブルでいうなら、学生ID1番→平井さん、てこと!(^^)!

第三正規化 → 従属関係にある項目をさらに分ける

ここでは第二正規化で分けたテーブルで、さらに従属関係になっているカラムを別テーブルにします。
従属関係をなくすことで、同じデータが複数のレコードに登録されるのを防ぐことができます。
ということは、ある情報を編集するときには 一つの値を変えるだけで、それに紐づくデータ全てに反映される ことになります。

※正規化は、必ず行わないといけないというものではありません。
第五正規化までありますが、通常は第三正規化までです。
「データベースで扱いやすい形にする」のが目的なので、場合によってはしないこともあります(=_=)

カラムの型や制約を決める

    安全なアービトラージシステムの開発
  • 型:数値型、テキスト型、日付型など
  • データの長さ
  • 制約:初期値を入れるか入れないか、初期値の値、空白を許可するかしないか、値の重複は?など

カラムの型

文字列を扱う型

数値を扱う型

日付や時間を扱う型

2種類の値のみを扱う型

カラムの型のまとめ

  • NULL
    「NULL(ヌル)」とは、何も設定されていない状態です。
    「空白」でも「0(ゼロ)」でもありません。
    「NOT NULL」は、必ず何らかの値が入っていないといけません。
  • 一意制(UNIQUE)
    同じカラム内に重複する値は許さない、という制約です。
    他のレコードと同じ値は格納できません。
  • 初期値(DEFAULT)
    このカラムに値を設定しなかったら、あらかじめ指定されているデフォルト値が格納されます。
  • 参照制約(FOREIGN_KEY)
    参照しているテーブルにない値は入れられない、という制約です。
  • 連番(AUTO_INCREMENT)
    自動で連番を入れます。

sowaka
大阪市出身。 PEとして20年弱の経験。猫13匹と同居。2022年2月より大分県に移住。
田舎暮らしを満喫中も畑の管理に頭を悩ませ、犬・山羊・鶏を飼いたいと画策中。
Bubble、Softr、Airtable、Studio、Canvaでいろいろやってます。

安全なアービトラージシステムの開発

画像のキャプション

画像のキャプション

竹中工務店は、東芝ライテック、ホーチキと共同で火災の発生場所に応じて危険な避難経路に人が進入しないように「進入禁止」表示を行う独自の避難口誘導灯(特許出願済み)を開発した。商業施設や展示場など大規模施設の安全かつスムーズな避難誘導に役立つ。今後、不特定多数が利用する施設や避難経路が複雑な施設などを対象に適用拡大を目指す。 避難経路で火災が発生した場合、火災によって使用できなくなった避難経路にある誘導灯に進入禁止の「×」印を表示することで、火災の発生状況に応じて、建物利用者を安全な避難口に誘導する仕組みとなる。
日本消防設備安全センターの「消防防災システム評価」を取得。6月に竣工した名古屋モノづくりメッセの「名古屋市国際展示場新第1展示館整備事業」(設計=久米設計・竹中工務店JV、施工=竹中工務店)に適用した。
商業施設や展示場など不特定多数が利用する施設・建物は、避難口や避難方向を指示する表示設備として「避難口誘導灯」の設置が義務付けられている。
一定規模以上の建物は建物にいる人々が安全に避難できるように複数の避難経路を計画しているが、出火場所によっては一部の避難経路が利用できなくなってしまう。
避難口誘導灯が表示されたままだと、避難者が誤って危険な避難経路に誘導されてしまうという懸念があった。
新たに開発した避難口誘導灯は火災報知器(センサー)が火災が検知すると、制御盤を介して、あらかじめ設定された避難口誘導灯に進入禁止の「×」印を表示。使用できない避難経路にある階段などに避難者が押し寄せて事故や混乱を引き起こすのを防ぐ。
商業施設や展示場のような不特定多数が利用する施設や大規模倉庫などを対象に、火災の発生状況に応じた適切な避難誘導を促すためのサポートツールとして、今後の積極的な適用が期待される。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる