最高の暗号取引プラットフォーム

上昇、トレンド転換のサインを掴もう

上昇、トレンド転換のサインを掴もう
押し目買いのコツはダウ理論を理解すること

RSIの見方とトレード手法3つ紹介【相場の転換点がわかる】

RSI【Relative Strength Index】

この RSI は、ある設定された期間の終値をベースに、下落した日数に対する上昇した日数の割合を計算し、 0 ~ 100 %のグラフで可視化されたものです。

RSIの基本的な見方は

  • 今の相場の勢いはどちらに傾いているのか
  • 買われすぎているのか、売られすぎているのか

RSIの見方【基礎】

RSI は、 0 ~ 100 %数値をみて相場の勢いを判断していきます。

ちなみに

  • 70% 以上だと買われすぎサイン
  • 30% 以下だと売られすぎサイン

上記が、RSIの基本的な見方になります。

RSIが70%以上で買われすぎなチャート

RSIが30%以下で売られすぎなチャート

上記のチャートように、サインが効けば 反転 していきます。

RSIの基本的なトレード方法をまとめると

  • 70% 以上で売りトレードをする
  • 30% 以下で買いトレードをする

こんな感じです。
以上が、最低限覚えておくべき RSI の基礎の見方です。

実際のチャートでRSIで売買しよう【基礎】

では、各通貨で RSI の基本的な使い方を生かして、以下の順で 上昇、トレンド転換のサインを掴もう 相場分析 していきます。

  • 1:ドル円
  • 2:ポンド円
  • 3:ユーロドル

エントリー根拠もあわせて説明していきます。

1:ドル円(買いエントリー)

  • RSI で売られすぎサインが点灯
  • 安値更新をしなかった(ダウ理論)
【初心者向け】ダウ理論とは?【超わかりやすく解説】

2:ポンド円(売りエントリー)

  • RSI で買われすぎサインが点灯
  • 高値更新をしなかった(ダウ理論)

3:ユーロドル(売りエントリー)

  • RSI で買われすぎサインが点灯
  • 大きな陰線が出現(勢いの弱まり示唆)

以上が、基本的な RSI でのトレード手法になります。

なんて思うかもですが、この買われすぎ売られすぎのサインには落とし穴があることを知っておきましょう。


コレを知らないと、あるタイミングで勝てなくなり、負けが続きます。
では、その 注意点 を紹介します。

RSIでやってはいけないトレード

RSI では、やってはいけないトレードがあります。

それは

勢いが強い(上昇・下降)トレンド相場中に RSI の買われすぎ、売られすぎサインだけをみてトレードすること。

特に初心者は、 RSI の買われすぎ、売られすぎのみだけをみて買い売りを繰り返してしまいがちなので、注意してください。

上昇トレンドで、RSIの買われすぎサインで売り続けてみた

上昇トレンド相場① 上昇トレンド相場②

以上のように、勢いが強いトレンド相場だと、いくらRSIが70%を越えようが、関係なく上がり続けます。

仮に上記のチャートでエントリーしてしまうと、 利益を大きく減らす要因 となります。では、下降トレンドもみていきましょう。

下降トレンドで、RSIの売られすぎサインで買い続けてみた

では、勢いが強い下降トレンド相場で RSI のサインのみをみて、トレードすればどうなるか確認していきます。

下降トレンド相場① 下降トレンド相場②

こんな感じで、下降トレンドも同様で、いくら RSI が 30% を下回ろうが関係なく下がり続けます。

強いトレンド相場において、 RSI の買われすぎ、売られすぎサインでトレードするのは危ない とわかっていただけたと思います。

とはいえ、 RSI の基本的な売買を勢いが強い相場以外で、トレードすれば大きく負けることは少ないので大丈夫です。

ここまでが、 『 RS I の 基礎講義』 といったところで、次に、 RSIを応用した トレード手法を紹介します。

RSIを応用したトレード手法【3つ】

では、 RSIを 上昇、トレンド転換のサインを掴もう 応用したのトレード手法を3つ紹介します。

RSI の基礎の使用方法は、 強いトレンド相場で使ってはいけないと解説しましたが、応用編はトレンド相場でも使えます。

RSIを応用トレード手法【3つ】

  • 1:ダイバージェンス手法
  • 上昇、トレンド転換のサインを掴もう
  • 2:ヒドゥンダイバージェンス手法
  • 3: RSI のライントレード手法

では、 1 つずつみていきましょう。

1:ダイバージェンス手法

1 つ目は、 RSI のダイバージェンスを利用した逆張りトレード手法 になります。

ダイバージェンスとは、価格とオシレーター(ここでいう RSI )の値が逆行する現象をいいます。この現象は、相場の勢いが弱まっているサインを意味します。

以上のように、価格とオシレーターが、反対の動きをしだすことを『ダイバージェンス』と言います。

ダイバージェンス発生(上昇トレンド)

価格が切り上がっているのに、 RSI は切り下がっている → 【価格は下落した】

ダイバージェンス発生(下降トレンド)

価格が切り下がっているのに、 RSI は切り上がっている → 【価格は上昇した】

こんな感じで、価格と RSI の値の逆行現象を利用すれば、トレンド発生中でも売買できます。

ぶっちゃけ、トレンドが強すぎると、いつまで続くかはわかりませんが、 ダイバージェンスを取り入れることで『トレンドが終わりそう』 と察知することができる。

2:ヒドゥンダイバージェンス手法

2つ目は、 RSI のヒドゥンダイバージェンスを利用した順張りトレード手法 になります。

ヒドゥンダイバージェンスとは、価格とオシレーター(ここでいう RSI )の値が逆行する現象をいいます。ただ、ダイバージェンスとは違い、相場の勢いがさらに継続していくサインになります。ちなみにこのサインはトレンド相場のみ有効。

ヒドゥンダイバージェンス発生①(上昇トレンド)

価格が切り上がっているのに、 RSI は切り下がっている → 【価格は上昇した】

ヒドゥンダイバージェンス発生②(下降トレンド)

価格が切り下がっているのに、 RSI は切り上がっている → 【価格は下落した】

こんな感じで、価格が下がっているのに RSI の値が上がっている、この逆行現象を利用すれば、トレンド発生中に順張りで売買できます。

なので、ダイバージェンスを駆使しつつ、ヒドゥンダイバージェンスも取り入れて、より質が高い相場分析をしていきましょう。

3:RSIのライントレード手法

3つ目は、 RSI のライントレードを利用した順張りトレード手法 になります。

よくチャートにトレンドラインを引いて、相場分析をすると思うんですけど、実は RSI に直接ラインを引く分析方法もあるんです。(あまり知られていない)

    上昇、トレンド転換のサインを掴もう
  • ダイバージェンスとヒドゥンダインバージェンスのトレード手法の根拠増しにも使える
  • チャートにトレンドラインを引くよりも、 RSI のトレンドラインの方が早くサインを察知できる

では、RSIライントレードを使ったトレード事例を、『ダイバージェンス』と『ヒドゥンダイバージェンス』も複合した分析もあわせて紹介していきます。

RSIライントレード①(売りエントリー)

  • 価格の切り下げを確認(ダウ理論)
  • RSI のトレンドラインのロールリバーサル


トレンドライン
に関して、詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

【実践で使える】トレンドラインの引き方とエントリー方法【徹底解説】

RSIライントレード②(買いエントリー)

  • 価格の切り上げを確認(ダウ理論)
  • RSI のトレンドラインのブレイク

RSIライントレード+ダイバージェンス③(買いエントリー)

  • RSI のダイバージェンス発生
  • 大きな陽線が連続で出現
  • RSI のトレンドラインをブレイク

RSIライントレード+ヒドゥンダイバージェンス④(買いエントリー)

  • RSI のヒドゥンダイバージェンス発生
  • 意識されてるレジスタンスラインをブレイク
  • RSI のトレンドラインをブレイク
  • 安値を切り上げている(ダウ理論)

こんな感じで、チャートだけでなく RSI にラインを引くことで、相場の環境認識をすることができます。

RSIの使い方や特徴がわかってくれば、上記のように 『RSIライントレード+ダイバージェンス』や『RSIライントレード+ヒドゥンダイバージェンス』 みたいに応用を効かすことができますので、試してみてください。

レジスタンスラインについて、詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

【完全な基礎】サポートライン・レジスタンスライン【引き方と実践】

まとめ:RSIで相場の勢いがまるわかり

以上が、 RSI の覚えておくべき基本的な見方から RSI の応用したトレード手法の解説でした。

RSI は、相場分析においてかなり有能であり、相場の勢いや失速をいち早く察知できるオシレーターであるとわかっていただけと思います。

早速、今日からトレードで生かしてほしいですが、トレードスタイルによっては 上昇、トレンド転換のサインを掴もう 『合う・合わない』 があると思うので、少額でやデモ口座で一度検証してみることがおすすめ。

また、一度では理解できない、もしくは忘れそうという方は何度も読み直したり、本記事をブックマークするなり、休日や通勤中に繰り返し読んでいただければと思います。

【コツを解説】押し目買いのポイントは4つあります【実例公開】

押し目買いのコツ

押し目買いのコツはダウ理論を理解すること

押し目買いのコツは、まずはダウ理論を理解することです。
ダウ理論とは、 6つの法則 で構成されている相場でもっとも有名な理論になるのですが、

ダウ理論の法則 :
トレンドは明確な転換しシグナルが発生するまで継続する

この法則を簡単に説明すると、 トレンド相場が発生してしまうと、明確なトレンド終了サインが点灯するまで、トレンド相場は継続する といった理論です。

下図ように、高値の切り上げ安値の切り上げだと、上昇トレンドになるので、 「押し目買い」 を狙っていき、安値切り下げ高値切り下げだと下降トレンドになるので、 「戻り売り」 を狙っていきます。

押し目買いと戻り売りでトレンドフォローをしよう

押し目買い(戻り売り)をして、トレンドフォローで順張りをした方が、効率的に利益が取れるので、逆張りよりもおすすめなのですが、ただ、その押し目買い(戻り売り)のタイミングが難しい、、と悩んでいる方が多いと思います。

【初心者向け】ダウ理論とは?【超わかりやすく解説】

押し目買いの際に覚えておくべき4つのポイント

押し目買いの際に覚えておくべき4つのポイント

押し目買いを行う際に必ず覚えておくべき4つのポイントがあります。戻り売りも同様です。

  • 上位足のトレンドに沿った方向であるのか
  • ダウ理論を用いてトレンド発生が確認できているのか
  • トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する
  • 下位足でエントリータイミングを狙う

以上が、押し目買い(戻り売り)をする際の 4つのポイント になります。
では、このチェックポイントにそって順張りを狙っていきましょう。

1.上位足のトレンドに沿った方向である

まずは、 上位足のトレンドの方向を確認 しましょう。

上位足といっても、人それぞれでトレードする時間軸が違うので、上位足の捉え方が変わってきますが、 1時間足から4時間足 がおすすめです。

理由は、上位足になればなるほど市場参加者が多くなりチャートが有効に機能しやすいからです。

2.ダウ理論を用いてトレンド発生が確認できているのか

  • 上位足の高値の切り上げ(切り下げ)
  • 上位足の安値の切り上げ(切り下げ )

ダウ理論を用いてトレンド発生が確認できる

3.トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続するということ

トレンドは、ダウ理論にあるように明確な 転換シグナル が出るまでは、継続していきます。

  • トレンドがまだまだ継続していきそうなのか
  • それとも、トレンドは転換しそうなのか

時には、下位足のトレンド転換を根拠で勝てるかもしれませんが ”トレンドフォロー” といった目線で考えると、大きく利益を伸ばすことが難しくなります。

4.下位足でエントリータイミングを狙う

  • チャートパターン
  • 移動平均線を利用(グランビルの法則)
  • ダウ理論
  • レジスタンス / サポートライン
  • トレンドライン

押し目買いポイント01

押し目買いポイント02

15分足と1時間足を使った押し目買いのトレード手法

15分足と1時間足を使った押し目買いのトレード手法

押し目買いポイントAとB

上記は1時間足のチャートになります。
1時間足を今回は上位足として扱っていき、下位足を15分足とします。

上図で示しているように、
AポイントBポイントが1時間足での押し目買いポイントになります。

では、これらの押し目A押し目Bを下位足の15分足を利用してエントリータイミングをはかっていきます。

押し目Aポイントを15分足で分析していく

まずは、 押し目Aポイント の部分を15分足で細かく見ていきます。

押し目Aの買いエントリーの根拠

赤四角で囲っている部分が買いでエントリーする位置になります。黒丸部分が1時間足で押し目となっている部分になりますが、すぐにはエントリーはしません。

今回の買いの根拠エントリーの根拠

  • トレンドラインを上にブレイク
  • 水平線ラインを上にブレイク
  • 高値と安値の切り上げを確認

押し目買いBを15分足で分析していく

押し目Bポイント の部分を15分足で細かく見ていきます。

押し目Bの買いエントリーの根拠

赤四角で囲っている部分が買いでエントリーする位置になります。1時間足の押し目Bも同様で、15分足で細かくエントリータイミングを狙っていきます。今回は急上昇により水平線を大きく上にブレイクしてからの戻りを狙った手法です。

水平ライン(レジスタンスライン)をブレイクしてからの、レジサポ転換となっています。ちなみに押し目Aの時よりエントリータイミングが遅いかと思いますが、根拠は今回の方が硬いです。

今回の買いエントリーの根拠

  • トレンドラインを上にブレイク
  • 水平ラインを上にブレイクしてレジサポ転換
  • 高値と安値の切り上げを確認


以上が、上位足の押し目を下位足で分析していき、エントリーするコツになります。

勝つには、予測よりも優位性を測ること

勝つには、予測よりも優位性を測ること

トレードで勝つには、上がるか下がるかを予測するより、 優位性が高い方にエントリーすること です。

なぜ、優位性が大事かというと相場には "絶対" がないからです。いくら上げサインや下げサインが出たとしても必ずそのように動くとは限りません。

おそらく、"上がるか下がるかを予測しない"という感覚が掴めない方もいると思いますが、トレードを続けていくと徐々に理解してくると思います。自分もそうでしたので。

天井圏のトレンド転換をローソク足の動きで見極める

天井圏特有の値動きをしているドル円1時間足

下記のドル円1時間足をご覧下さい。

これまで浅い押しで順調に高値を更新してきた流れが、上記の1で陰りが見られました。
安値を更新するほどの深い押しが1で初登場したのです。

水平線でダブルトップを形成したドル円4時間足

その後の動きを、下記の4時間足チャートでご覧下さい。

天井圏でダブルトップを形成していますが、実は4時間足で意識されている水平線が天井圏となっていました。

天井圏の値動きをダウ理論で解説

天井圏でダイバージェンスを起こしているドル円1時間足

先程も掲載したドル円1時間足チャートです。

上記の画像を見れば、押し安値を下回る部分から高値更新する力が怪しくなっているのが分かります。

押し安値と戻り高値を理解すればトレンドの見方がよく分かる

FXフレンズの高木です。 今回はダウ理論を深く理解するために必須の「押し安値・戻り高値」について解説します。 押し安値・戻り高値を理解すると、トレンドの見方が明確になります。 上昇、トレンド転換のサインを掴もう 買いと売りのどちらに優位性があるのかも把握で.

天井圏ならば利益はあまり引っ張れませんし、怪しい値動きを見せたら撤退する判断も必要です。
又はトレンド転換するのを待って、新たなトレンドに乗るという判断もできますね。

◆高勝率15分足専用サイン「F15-easy」◆

◆15分足専用サイン「F15-friends」◆

こちらも 億トレ監修・大手プロップディーラーの手法をロジック化し 、シンプルながらも高勝率で1日200pipsを獲得した日も珍しくありません。

◆30分足専用サイン「F30-hybrid」◆

アラート機能も付いているので、チャートに張り付かなくてもトレード可能です。
トレード回数は少ないですが、少し長めの時間足で30~50pipsを狙う手法です。
大きなトレンドが発生すれば100pips以上獲れることがあります。

【脱初心者】移動平均線が3本とも重なる「パーフェクトオーダー」の活用方法を徹底解説

テクニカル分析

というような悩みを持った経験はないですか?

簡単なので、 FX初心者の方もFXを始めようと思っている方 も今回の内容をぜひ参考にしてみてください。

目次を用意しているので、興味のあるところだけでも是非見てみてください。

3本の移動平均線を使った「パーフェクトオーダー」とは何か

パーフェクトオーダーの基礎知識とメリット

パーフェクトオーダーとは、 3本の移動平均線が長期・中期・短期と順番に並んでいる状態 のことです。

パーフェクトオーダーの具体例

上から順に「長期・中期・短期・ローソク足」の順番に並び、パーフェクトオーダーになり、下降トレンドだということがわかります。

上昇トレンドの場合は、上から順に「ローソク足・短期・中期・長期」の順番です。

パーフェクトオーダーだけでトレードするべきではない

パーフェクトオーダーだけでは根拠にならない

一般的にはパーフェクトオーダーはトレンドの予兆のように言われていますが、 パーフェクトオーダーのみを根拠にするのは危険 です。

パーフェクトオーダーになったからといって必ずトレンドが発生するわけではありません。

実際のチャートを使ったパーフェクトオーダーの具体例

パーフェクトオーダーだけを使ったトレンド判断の例

一度、上から順に「ローソク足・短期・中期・長期」で揃い、上昇トレンドの発生かと思いきや、その後下降トレンドのパーフェクトオーダーがでて、下降トレンドになっています。

この画像では、赤色の四角以降のチャートが見えてしまっているので、上昇トレンドではないとわかりますが、形成中のチャートではわかりにくいです。

ダウ理論の基本「トレンドの継続と転換」【FXで勝つためのテクニカル分析 #6】

ダブルトップ 」とは、上昇トレンド中の高値が前回の高値とほぼ同じ価格となることで上昇トレンドから下降トレンドへの転換を示唆するチャートパターンです。最後に切り上げた安値は 上昇、トレンド転換のサインを掴もう ネックライン と呼ばれ、ネックラインの下抜けで上昇トレンドの否定、下降トレンドへの転換を意味します。ダブルトップ後のネックラインの下抜けは多くの投資家が狙っている売りポジションのエントリーポイントとなっていますので、下抜けと同時に大きな下落が起きやすいという特性があります。

②三尊(ヘッドアンドショルダー)

「 上昇、トレンド転換のサインを掴もう 三尊 」とは、上昇トレンドが否定されていない状態で高値を切り下げることによって、上昇トレンドから下降トレンドへの転換を示唆するチャートパターンです。チャートの形が人の頭と両肩に似ているので「 ヘッドアンドショルダー 」とも呼ばれます。ダブルトップと同様に直近の安値が ネックライン となり、多くの投資家が狙っている売りのエントリーポイントです。ネックラインの下抜けは下降トレンドのスタートを意味しますので、下落が加速しやすいポイントです。

下降トレンドから上昇トレンドへの転換

①ダブルボトム

ダブルボトム 」とは、下降トレンド中の安値が前回の安値とほぼ同じ価格になることで、下降トレンドから上昇トレンドへの転換を示唆するチャートパターンです。最後に切り下げた高値がネックラインとなり、そのネックラインを上抜けることで上昇トレンドがスタートします。多くの投資家が買いのエントリーポイントとして意識していますので、上抜けと同時に強い上昇が起きやすいという特徴があります。

②逆三尊(逆ヘッドアンドショルダー)

逆三尊 」とは、下降トレンドが否定されていない状態で安値を切り上げることによって、下降トレンドから上昇トレンドへの転換を示唆するチャートパターンです。直近の高値がネックラインとなり、上抜けは上昇トレンドのスタートを意味します。多くの投資家が狙う買いエントリーポイントとなっていますので、上抜けと同時に大きな上昇を呼ぶ可能性が高くなります。

ダウ 理論 とは、チャールズ・ダウ氏が提唱したテクニカル分析に関する理論。

上昇トレンド →安値の切り上げ、高値の更新が続いている状態

下降トレンド →高値の切り下げ、安値の更新が続いている状態

上昇トレンドの否定 →高値更新後に切り上げた安値を下抜け

上昇、トレンド転換のサインを掴もう 下降トレンドの否定 →安値更新後に切り下げた高値を上抜け

継続していた トレンドの否定後は、逆方向のトレンドに発展しやすい 。ポジションを持っていないときは新規注文の検討を、ポジションを保有しているときは手仕舞いを検討すると良い。

トレンド転換を示唆する代表的なチャートパターンは「 ダブルトップ 」「 三尊(ヘッドアンドショルダー)

ネックライン(直近の安値)を下抜けでの「売り」エントリーが有効

トレンド転換を示唆する代表的なチャートパターンは「 ダブルボトム 」「 逆三尊(逆ヘッドアンドショルダー)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる