バイナリーオプション攻略

ダウントレンド

ダウントレンド
ダウンの商品一覧を見る

フィッシングサイトのテイクダウンとは

フィッシング対策というと、ユーザー側の対策が注目されがちです。しかし、 自社サイトを模倣したフィッシングサイトを勝手に作られた側 (サイト運営者)が受ける被害(信頼損失や損害補償)も無視できません。サイト運営者が行うべき対応には、「被害状況の把握」「ユーザーや関係機関への通知」に加え、 「フィッシングサイトの閉鎖(=テイクダウン)」 があります。では、テイクダウンはどのように行われるのでしょうか。

テイクダウンの3つの方法

フィッシング対策協議会の 「フィッシング対策ガイドライン」 では、テイクダウンの対応例として以下の3つが挙げられています。

(1)Web サイト運営者自身でテイクダウンを行う

「運営者自身でテイクダウン」と言っても、「運営者がISPなどにテイクダウンを 依頼 する」ということになります。具体的には、以下のようなことを行います。

・フィッシングサイトが属しているIPアドレスブロックを管理している 国内外の ISP(×フィッシングサイト管理者) に電話やメールで連絡し、対応を依頼する。

・並行して、JPCERT/CCやフィッシング対策協議会(海外ISPの場合は、現地のCSIRT)といった インシデント対応機関に支援を要請 する。 ダウントレンド サイト運営者からの連絡よりも、インシデント対応機関からの連絡の方が、ISPにスムーズに受け入れられるため。

(フィッシング対策ガイドラインを元に筆者作成)

(2)専門機関にテイクダウン依頼を行う

インシデントの報告(Webフォーム)*URL:https://form.jpcert.or.jp/

(3)サービス事業者にテイクダウン依頼

フィッシング詐欺被害への対応サービスを提供する業者 に依頼をかけるという方法もあります。 事業者を選定するポイント について、「フィッシング対策ガイドライン」では以下のように書かれています。

・テイクダウン依頼受付時間が 24 時間 365 日であること

・どのような地域にフィッシングサイトが設置されていても対応してくれること

・機密保持に関する体制が検証されていること(定期的に監査を受けていることが望ましい)

・フィッシングサイト監視サービスを提供していること

など

(フィッシング対策ガイドラインを元に筆者作成)

テイクダウンの難しさ

テイクダウン依頼代行のサービスはネット上に複数見受けられます。ただ注意していただきたいのは、テイクダウンサービスは、あくまで「依頼の代行」だと言うことです (事業者の手で削除する訳ではありません)。そのため、テイクダウンサービスの中には、 「テイクダウンに法的拘束力がない」 ことを明記するものも見受けられます。したがって、 「テイクダウン依頼にかかる工数を削減する」 という目的で利用する必要があるでしょう。また、上記(3)の事業者選定のポイントにあるように、「フィッシングサイト監視サービス」とセットで活用することも重要です。

理由1:法的拘束力の問題、依頼先の対応のばらつき

たとえば上記(2)のように、「専門機関にテイクダウン依頼を行う」場合、JPCERT/CCであればテイクダウン依頼を受けて国内外のISPなどに依頼します。しかし、この依頼に応じるかどうかは 任意 です。JPCERT/CCの公式サイトには、以下のような記述があります。

ダウントレンド Q6 自組織を装ったフィッシングサイトを停止させたいのですが、どうすればよいですか?

JPCERT/CCへインシデント報告を行うことによって、当該フィッシングサイトを早急に閉鎖できる 可能性があります

(略)

なお、JPCERT/CCから関係者への連絡は、関係者の方へ対応を強制するのではなく、 自発的な協力をお願いするものです。 したがって、フィッシングサイトの閉鎖や関連情報の開示等、 貴組織の期待する結果が得られることを保証するものではないことをご了承ください

(JPCERT/CC、「フィッシングに関するFAQ ダウントレンド 金融機関やオンラインショッピング事業者などのオンラインサービス提供者向け」(最終更新: 2007-09-13)

https://www.jpcert.or.jp/ir/faq3.html *太字は筆者)

理由2:ドメインは短時間で使い捨てられる

テイクダウンサービスにできること

以上、テイクダウンの難しさについてお話ししました。それでも、フィッシングサイトを早急に検知し、テイクダウンにつなげることは、サイト利用者の被害を最小化する上で重要です。これを踏まえつつ、次のセクションでは、 検知・テイクダウンサービス の一例として、弊社が提供する Flashpoint を少しご紹介します。Flashpointを使えばワンクリックでテイクダウン依頼ができるため、スピーディーなテイクダウンと被害の最小化につながります。

Flashpoint「Brand Exposure Protection」

「Brand Exposure Protection」は米国Flashpoint社が全世界に提供するブランド保護ソリューションで、フィッシングサイト検知・テイクダウン代行に使える2つの機能、 Domain Monitoring(ドメイン監視)Takedown Management(テイクダウン管理) を備えています。

Domain Monitoring(ドメイン監視)

有害サイト(ドメイン)を監視(モニタリング) します。有害と疑われるURLを、Flashpointのアナリストがお客様に代わって調査・レビューすることで 誤検知を最小限に抑えます。

*ドメイン監視とは別に、偽アカウント を発見する機能や、 自社ブランドを狙う/装う 不正アプリ がないかを監視する機能もあります。

Takedown ダウントレンド ダウントレンド Management (テイクダウン管理)

Flashpointの プラットフォーム内でテイクダウン要請を出せます。 プラットフォームでは、 サイトが削除された後も 脅威の監視を続けることが 可能です。 利用の流れは以下の通りです。

利用の流れ

1.アラートは背景情報付きなので対処行動に役立つ

2 スピーディーなテイクダウンに役立つ

3.時間・リソースの節約

ホスティングプロバイダーとの連携を含めたすべてのリクエストとフォローアップはFlashpointが行うため、社内チームはサイト削除に必要な 時間とリソース を削減できます。

Flashpointに関する詳しい情報は、以下のページをご覧ください。

フィッシングサイト監視/テイクダウンサービスの概要

https://machinarecord.com/cyber/phishing/

資料請求はこちらからどうぞ

テイクダウン以前にサイト運営者がやるべきフィッシング対策

ここまで、「テイクダウンの方法」「難しさ」「テイクダウンサービスにできること」についてご紹介してきました。もちろん、テイクダウン以前にやっておくべきフィッシング対策は数多く存在します。フィッシング対策協議会のガイドラインには、 サイト運営者側の対策 ダウントレンド34項目 列挙されています。詳しい内容は同ガイドラインをお読みいただくとして、以下、大まかな内容をまとめました。

【2022年春夏】50代のための最新ファッション&ビューティアイテム見本帖

エクラプレムアムデジタルカタログ

MACKINTOSH LONDON (マッキントッシュ ロンドン)

MADISONBLUE (マディソンブルー)

ATON (エイトン)

Chaos (カオス)

CINOH (チノ)

FABIO RUSCONI (ダウントレンド ファビオ ルスコーニ)

PELLICO (ペリーコ)

GIANNI CHIARINI (ジャンニ キアリーニ)

8月号試し読み

2022春夏の50代向けファッショントレンド「総まとめ」

前の記事

お悩み別!「50代の身体をきれいに見せる服」夏のしゃれ見えコーデ

次の記事

フィッシングサイトのテイクダウンとは

フィッシング対策というと、ユーザー側の対策が注目されがちです。しかし、 自社サイトを模倣したフィッシングサイトを勝手に作られた側 (サイト運営者)が受ける被害(信頼損失や損害補償)も無視できません。サイト運営者が行うべき対応には、「被害状況の把握」「ユーザーや関係機関への通知」に加え、 「フィッシングサイトの閉鎖(=テイクダウン)」 があります。では、テイクダウンはどのように行われるのでしょうか。

テイクダウンの3つの方法

フィッシング対策協議会の 「フィッシング対策ガイドライン」 では、テイクダウンの対応例として以下の3つが挙げられています。

(1)Web サイト運営者自身でテイクダウンを行う

「運営者自身でテイクダウン」と言っても、「運営者がISPなどにテイクダウンを 依頼 する」ということになります。具体的には、以下のようなことを行います。

・フィッシングサイトが属しているIPアドレスブロックを管理している 国内外の ISP(×フィッシングサイト管理者) に電話やメールで連絡し、対応を依頼する。

・並行して、JPCERT/CCやフィッシング対策協議会(海外ISPの場合は、現地のCSIRT)といった インシデント対応機関に支援を要請 する。 サイト運営者からの連絡よりも、インシデント対応機関からの連絡の方が、ISPにスムーズに受け入れられるため。

(フィッシング対策ガイドラインを元に筆者作成)

(2)専門機関にテイクダウン依頼を行う

インシデントの報告(Webフォーム)*URL:ダウントレンド https://form.jpcert.or.jp/

(3)サービス事業者にテイクダウン依頼

フィッシング詐欺被害への対応サービスを提供する業者 に依頼をかけるという方法もあります。 事業者を選定するポイント について、「フィッシング対策ガイドライン」では以下のように書かれています。

・テイクダウン依頼受付時間が 24 時間 365 日であること

・どのような地域にフィッシングサイトが設置されていても対応してくれること

・機密保持に関する体制が検証されていること(定期的に監査を受けていることが望ましい)

・フィッシングサイト監視サービスを提供していること

など

(フィッシング対策ガイドラインを元に筆者作成)

テイクダウンの難しさ

テイクダウン依頼代行のサービスはネット上に複数見受けられます。ただ注意していただきたいのは、テイクダウンサービスは、あくまで「依頼の代行」だと言うことです (事業者の手で削除する訳ではありません)。そのため、テイクダウンサービスの中には、 「テイクダウンに法的拘束力がない」 ことを明記するものも見受けられます。したがって、 「テイクダウン依頼にかかる工数を削減する」 という目的で利用する必要があるでしょう。また、上記(3)の事業者選定のポイントにあるように、「フィッシングサイト監視サービス」とセットで活用することも重要です。

理由1:法的拘束力の問題、依頼先の対応のばらつき

たとえば上記(2)のように、「専門機関にテイクダウン依頼を行う」場合、JPCERT/CCであればテイクダウン依頼を受けて国内外のISPなどに依頼します。しかし、この依頼に応じるかどうかは 任意 です。JPCERT/CCの公式サイトには、以下のような記述があります。

Q6 自組織を装ったフィッシングサイトを停止させたいのですが、どうすればよいですか?

JPCERT/CCへインシデント報告を行うことによって、当該フィッシングサイトを早急に閉鎖できる 可能性があります

(略)

なお、JPCERT/CCから関係者への連絡は、関係者の方へ対応を強制するのではなく、 自発的な協力をお願いするものです。 したがって、フィッシングサイトの閉鎖や関連情報の開示等、 貴組織の期待する結果が得られることを保証するものではないことをご了承ください

(JPCERT/CC、「フィッシングに関するFAQ 金融機関やオンラインショッピング事業者などのオンラインサービス提供者向け」(最終更新: 2007-09-13)

https://www.ダウントレンド jpcert.or.jp/ir/faq3.html ダウントレンド *太字は筆者)

理由2:ドメインは短時間で使い捨てられる

テイクダウンサービスにできること

以上、テイクダウンの難しさについてお話ししました。それでも、フィッシングサイトを早急に検知し、テイクダウンにつなげることは、サイト利用者の被害を最小化する上で重要です。これを踏まえつつ、次のセクションでは、 検知・テイクダウンサービス ダウントレンド の一例として、弊社が提供する Flashpoint を少しご紹介します。Flashpointを使えばワンクリックでテイクダウン依頼ができるため、スピーディーなテイクダウンと被害の最小化につながります。

Flashpoint「Brand Exposure Protection」

「Brand Exposure Protection」は米国Flashpoint社が全世界に提供するブランド保護ソリューションで、フィッシングサイト検知・テイクダウン代行に使える2つの機能、 Domain Monitoring(ドメイン監視)Takedown Management(テイクダウン管理) を備えています。

Domain Monitoring(ドメイン監視)

有害サイト(ドメイン)を監視(モニタリング) します。有害と疑われるURLを、Flashpointのアナリストがお客様に代わって調査・レビューすることで 誤検知を最小限に抑えます。

*ドメイン監視とは別に、偽アカウント を発見する機能や、 自社ブランドを狙う/装う 不正アプリ がないかを監視する機能もあります。

Takedown Management (テイクダウン管理)

Flashpointの プラットフォーム内でテイクダウン要請を出せます。 プラットフォームでは、 サイトが削除された後も 脅威の監視を続けることが 可能です。 利用の流れは以下の通りです。

利用の流れ

1.アラートは背景情報付きなので対処行動に役立つ

2 スピーディーなテイクダウンに役立つ

3.時間・リソースの節約

ホスティングプロバイダーとの連携を含めたすべてのリクエストとフォローアップはFlashpointが行うため、社内チームはサイト削除に必要な 時間とリソース を削減できます。

Flashpointに関する詳しい情報は、以下のページをご覧ください。

フィッシングサイト監視/テイクダウンサービスの概要

https://machinarecord.com/cyber/phishing/

資料請求はこちらからどうぞ

テイクダウン以前にサイト運営者がやるべきフィッシング対策

ここまで、「テイクダウンの方法」「難しさ」「テイクダウンサービスにできること」についてご紹介してきました。もちろん、テイクダウン以前にやっておくべきフィッシング対策は数多く存在します。フィッシング対策協議会のガイドラインには、 サイト運営者側の対策 ダウントレンド が 34項目 列挙されています。詳しい内容は同ガイドラインをお読みいただくとして、以下、大まかな内容をまとめました。

ダウントレンド

「光と影」を展示テーマに、日本ならではの感性と技術によって
生み出される「和のあかり」が今年も文化財「百段階段」を彩ります。
光(あかり)によって生まれる影、異なるふたつの要素が織り成すコントラストは、
琴線に触れる心のアートとも言えます。
百物語では、百番目の怪談が語り終えられた時に本物の怪異が現れるとされます。
階段を上り終えた時に何が起きるのか…。

● チケットのご購入はこちら ●

「和のあかり×百段階段2022」Instagramキャンペーン

文化財を舞台に表現する空間アート

文化財を舞台に表現する空間アート

「光と影」が織りなす世界

「光と影」が織りなす世界

百段階段の百物語

百段階段の百物語

出展者紹介

和室コンセプトルーム「和のあかり」

籠染灯籠

江戸風鈴

300 年続く江戸風鈴を今も作り続ける「篠原風鈴本舗」による手作り風鈴。「篠原風鈴本舗」は今年で創業104 年を迎え、都内に2つある江戸風鈴を作っている工房の一つであり、江戸風鈴の発祥の工房でもあります。

細川紙 木内籐芸団扇

細川紙 木内籐芸団扇

2022年7月2日(土)~9月25日(日) 会期中無休

チケット情報

■販売窓口 ・ホテル雅叙園東京
・ 百段階段イベント公式
オンラインチケット
Online Ticket Sale (English) ※入場券は、事前に公式オンラインチケットでお求めいただくか、当日受付にてお求めいただけます。
※公式オンラインチケットでは通常の入場券のほか、優先的にご入場いただける日時指定券もお求めいただけます。
※障がい者手帖ご呈示の方は、優待料金でご入場いただけます。(介護者1名含む、当日受付へお声かけください)
※状況により、内容を変更させていただく場合がございます。

宿泊プラン
「和のあかりルーム」

Feel Lab「焚き火+くつろぐ人(2名)」付チケット

[焚き火フォト]
照明作家 弦間康仁氏が手掛ける「Feel Lab」。1W-2Wの小さなあかりだけを作り続け、細かなディティルを大切にしたラボです。ずっと眺めていたくなる熾火(おきび)のようなあかりを目指した「焚き火」と、ひとりひとり少しずつ違う「くつろぐ人」がセットになったアイテムです。自宅で和のあかりが楽しめる逸品です。

1名様 ¥6,380 (税込)
※完売いたしました。

江戸風鈴「一つ目小僧」付チケット

大正4年創業の老舗「篠原風鈴本舗」は、江戸時代と変わらぬ製法で風鈴を作り続けています。オンラインチケット限定で、可愛い傘を被った一つ目小僧の風鈴が登場。涼やかな音色とともにお愉しみいただけます。

1名様 ¥3,600 (税込)
※完売いたしました。

※撮影において、三脚・フラッシュの使用及び、商業目的の撮影はご遠慮ください。
※ご入館は通常開催時間(17:00以前)よりいただけます。
※ミュージアムショップは17:00までの営業となります。
※オンラインチケットにてお求め後、日にちの変更、購入内容の変更はお受け出来かねます。

小田原・柏木美術鋳物研究所 製「まよけ猫鈴」付チケット

室町時代から続く小田原の鋳物の歴史を唯一受け継ぐ「柏木美術鋳物研究所」が製造した真鍮製の鈴。響きの良い音色が幸せ呼びます。

思わず撮影したくなる美空間が魅力の「和のあかり展」では、全室全時間で撮影をお愉しみいただけます。より撮影にこだわる方におすすめの定員制限を設けたスペシャルチケットが登場!ゆっくりとした中での見学にもおすすめです。
※8月20日(土)、9月25日(日)は除く

(7月22日・23日・8月8日―13日・9月19日・26日は除く)
--> 時 間:18:00~19:00
定 員:日/20名

※撮影において、三脚・フラッシュの使用及び、商業目的の撮影はご遠慮ください。
※ご入館は通常開催時間(17:00以前)よりいただけます。
※ミュージアムショップは17:00までの営業となります。
※オンラインチケットにてお求め後、日にちの変更、購入内容の変更はお受け出来かねます。

お二人分のチケットをまとめてお求めいただけるお得なオンライン限定チケットです。
通常 1名様¥1,200 ≫≫ 2名様 ¥2,300(税込)

一般当日券よりお得にお求めいただけるチケットです。
通常 1名様¥1,200 ≫≫ 1名様¥1,000(税込)

【販売場所2】
・ローソンチケット(Lコード:32814)
・セブンチケット(セブンコード:076283)
●販売期間:2019年5月24日(金) - 6月20日(木)
※2019年6月21日(金) - 9月1日(日)は¥1,400にて販売

見学にあたってのお願い

■ 会場内の混雑緩和のため、入場制限を行っています。一定数になりましたら、お待ちいただく場合がございます。
また、グループで来館された場合は、時間差にてご案内させていただく場合がございます。
■ 施設内は階段での移動となります。車椅子、シルバーカー、ベビーカーはご利用いただけません。
■ 会場は和室のため、靴を脱いでのご見学となります。(素足を避け、靴下などの着用をお願いいたします。)
■ 企画展によって会場内は撮影していただけますが、以下の点をご注意ください。
・フラッシュ、ライト、三脚、自撮棒の使用はご遠慮願います。
・商業目的の撮影はお断りしております。
・展示品に撮影機器を近づけすぎるなど、展示の安全を損ねる行為は禁止しております。
・まわりのお客様にご配慮をお願いいたします。
■ 大きな荷物や傘などのお持込はお控えください。お荷物は、正面玄関ベルデスクにて、傘は傘置き場にてお預かりいたします。
■ 会場内での飲食はお控えください。また、危険物、臭気物、生ものの持ち込みは、お断りしております。

WORLD(株式会社ワールド)

downtop_750×500.jpg

3515121N0006.jpg

ダウンの商品一覧を見る

トレンドアイテムをリーズナブルに探すなら[RAGTAG(ラグタグ)]

RAGTAG(ラグタグ)は、人気デザイナーズブランドをはじめ、幅広いジャンルのアイテムを揃えるユーズド・セレクトショップです。
憧れのブランドや上質なアイテムを、ユーズドだから手に届くプライスで提供することで、「もっとおしゃれがしたいけどあまりお金はかけられない」、 「おしゃれになりたいけどまだ自信がない」、そんな一人ひとりの願いに寄り添いながら、ファッションを楽しむお手伝いをいたします。

ユーズドでも安心してお買い物していただくために、商品は1点1点手作業でくまなくコンディションチェックし、品物に合わせたケアを行うため、古着特有のにおいもありません。 落とし切れなかった汚れやキズは、商品ページに明記しています。
オンラインショップでは、人気ブランドのアイテムが毎日2000点以上入荷し、常に20万点を超える在庫数。お気に入りの条件を登録しておけば、新着お知らせメールが受け取れます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる