初心者必見

投資信託の利回りとは

投資信託の利回りとは
投資信託の利回りは、どの程度確保できれば良いのでしょうか。 実は“利回りが〇%なら優良な商品”などという基準はありません。 もちろん儲かるに越したことはないのですが、高いリターンを得られる商品は相応のリスクを抱えているためです。 日本で購入できる投資信託の種類は多様で、なかには利回り10%を超えるものもあればマイナスのものもあります。 投資先やファンドマネージャーによって利回りは異なりますし、運用成績や売却時期によっても最終的な損益は変化するため、最適解は投資家によって異なります。 投資信託を選ぶ基準の一つとなるのが、ファンドの運用スタイルです。 ファンドによって「積極的にリスクをとって値上がりを狙う」「利益は出にくいが分散効果が高く守りに強い」など運用スタイルが異なるため、自分にあった商品を選ぶのがポイントとなります。 また、個人のリスク許容度も判断材料になります。 例えば、値下がりを恐れず投資でどんどん資産を増やしたい独身と、老後資金や子供の教育費用を運用しているファミリー層では、どの程度リスクを取れるかが異なってきます。 投資信託を選ぶうえでは、利回りとリスクのバランス、ファンドの方針を検討し、自分に合った投資先を選ぶのがおすすめです。

現金のリスク~「減らない」って、本当に安心?~【第68回】 長期積立投資なら、投資信託の分配金はゼロが当然!



上記はある投資信託の運用実績と分配実績ですが、毎月分配型の投資信託がはやっていた時代も含めて、24年間、分配金の支払い実績がゼロ。こういう明確なポリシーのもとに運用を続けている投資信託は、信頼に値するのではないでしょうか? ただし、投資信託を選ぶのは自己責任で。

分配金支払いの予定が多ければ、コストも増えるのでは?

何が言いたいのか? 筆者の推測ですが、決算の回数が多い方が、運用報告書を作成する回数も多くなるため、コストが高いのではないかと思うのです。これには明確な根拠を見いだせず、筆者の憶測に過ぎません。しかし、もし筆者の憶測が正しいのでしたら、コストという側面を踏まえても、分配金の支払いの実績がゼロの投資信託の方が積立投資には向くのではないかと思うのです。

分配金の「再投資」を選ぶと、口数は増えるが……

筆者がかつて保有していた「毎月分配型」投資信託の「分配金再投資」の記録です。たまたま押し入れの中を漁っていたら、もといPCのデータを検索していたら出てきたので、ご参考までに載せてみました。肝心の分配金額は載っていませんが、上下を繰り返しながら、下落している基準価額に比べて、保有している口数の方は着実に増えているのが分かります。また、分配金額が変わらなかったので、口数が増えた分、再投資する分配金の額も、時々は増えることがありました。ただし、1万口当たりの分配金額が少額なため、口数が少し増えただけでは、分配金額は増えないのですが。

投資信託の利回りとは
日付 基準価額 (保有)口数 キャッシュフロー
3月13日 6,892 725,479 500,000
6月17日 6,626 746,830494,847
8月14日 6,318 752,647 475,519
9月16日 5,702 765,293 436,369
10月23日 6,105 771,573 471,044
12月2日 6,130 777,投資信託の利回りとは 911 476,858
(翌年)4月1日 6,投資信託の利回りとは 391 803,611 513,586

分配金の再投資で口数は増えたとしても、やはり肝心の基準価額の伸びは期待できません。基準価額の伸びこそ、投資信託の成長、すなわち長期投資の醍醐味と言えるでしょう。

投資信託の利回りと利率の違いは?【高利回りのリスクや目安も解説】

【代表プロフィール】
資産規模100億円を超えるクライアントの案件を数多く抱えてきた異彩を放つ経歴から、「富裕層を熟知した税理士」として多数メディアに取り上げられている。 培った知識、経験、技量を活かし、富裕層のみならず幅広いお客様に税金対策・資産運用をご提案している。 現在は代表税理士を務める傍ら、英国国立ウェールズ大学経営大学院に在学中(MBA取得予定)。
英国国立オックスフォード大学ELP修了。東京大学EMP修了予定。
また、Mastercard®最上位クラスで、富裕層を多く抱えるクレジットカードLUXURY CARDのオフィシャルアンバサダーに就任。

◇◆ネイチャーグループの強み◇◆
・〈富裕層〉×〈富裕層をめざす方〉向けの税金対策/資産運用専門ファーム
・日本最大規模の富裕層向けコンサルティング
・国際的な専門家ネットワークTIAG®を活用し国際案件も対応可能
・税理士法人ならではの中立な立場での資産運用

資産運用画像

資産運用画像

資産運用画像

ランキング

資産運用画像

提案画像

定期預金画像

資産運用画像

確定申告画像

定期預金画像

資産運用画像

資産運用画像

株価の写真

bg

資産運用

bg

相続対策

投資信託の利回りとは?投資信託ごとの利回りを比較

投資信託を選ぶ

株式コラム

20823_anime_kinri_AF_300x250

  • 国内株式個人取引シェア№1
  • 業界屈指の格安手数料
  • SBIグループ口座開設数720万突破

投資信託の利回りとは?

投資信託の利益と利回りの違い

投資信託の利回りにはどうして差が出るのか

投資信託で目安にするべき利回り

長期投資ほど利回りが高くなる

投資信託で利回り5%は可能か?

そもそもリスクのないところに利回り5%はありえない

「預けているだけで金利5%」はバブル時の話

投資信託の選び方でリスクコントロールは可能

利回りで比較するおすすめ投資信託ランキング

1位 グローバル・ロボティクス株式ファンド(為替ヘッジあり・年2回決算型)+16.93%

2位 グローバル・ロボティクス株式ファンド(年2回決算型)+16.76%

3位 企業価値成長小型株ファンド+15.21%

積立NISAの利回りはどれくらい?

投資信託の利回り まとめ

コロナ後に株価は上がる?将来を見込んで買っておきたい銘柄の選び方

世界中では現在進行系で株式相場が荒れています。 それはまるで、新型コロナウイルス感染拡大によって右往左往する人々を表すかの如しです。 減に、3月半ばは新型コロナウイルスの感染リスクによって、一度は株価が大暴落したほど。 現.

100万円の投資先はどこがベスト?100万円のおすすめ運用方法

昨今のコロナショックもあり、自分の貯蓄を投資に回そうか…と思っている方も多いはず。 確かに、先行きが不安定な中貯蓄を投資に回してリスクヘッジするのは良い考えです。 今後あなたの資産をあなた以上に守ってくれる人はいません。 .

株を買うなら何を決め手とするべき?3つの決め手を徹底解説

株式投資をはじめる年齢は30代が最多!あなたの投資意識は?

コロナショックもあり世界情勢が不安定な今、人々の資産運用への意識はさらに高まっています。 投資信託の利回りとは そして、資産運用への意識、そして株式投資への興味が一番高まるのが「30だし」という節目の年代です。 会社では役職がつくなど、年収が上がる人.

「株なんて儲かるわけないだろ」と言っている人がしてしまっている根本的な勘違い

よく、投資とは無縁な人から「株なんて儲かるわけないだろ」と言われます。 それを言われると私は「いやいや…現に私は儲かってるんですけど…」と言いたくなりますが、そう言いたくなる気持ちもわかります。 株をよく知らない方にとっては、株.

空売りのやり方を解説します!空売りを覚えれば株初心者でも収益を2倍にできる

株の取引をやっていると一度は耳にするのが「空売り」という言葉。 投資信託の利回りとは 空売りの仕組みと、空売りのタイミング、空売りのやり方をマスターすることで、たとえ株初心者でも収益を単純計算で2倍にすることができます。 空売りが成功すれば、下落時で.

投資信託の利回りはどれくらい?利率や騰落率との違いも解説

利回りは以下の式で算出できます。 (1年間で発生する分配金+売却益)÷投資金額×100 例えば、200万円分投資信託を購入して分配金を1万円受け取り、203万円で売って、3万円の売却益を得た利回りの計算は以下のとおりです。 (1万円+3万円)÷200万円×100=2% 利回りは資産の正確な収益を把握するため、絶対に知っておきたい重要な指標となります。 投資信託以外にも債券や不動産投資で使われるため、各計算方法を知っておくと便利です。

投資信託の利回り・利率・騰落率の違い

利回りと利率の違い

利率とは投資した金額(額面)に対する利息の割合を示したものになります。 利息はあらかじめ決められた利率で定期的に支払われるもので、債権購入や銀行預金に対して使われます。 投資信託では、受け取れる分配金は収益に応じて変化するため、金額は決まっておらず、状況によっては分配金が出ないこともあります。 分配金は利息と性質が異なるため、投資信託において利率という言葉を使うことはあまりありません。

利回りと騰落率の違い

騰落率とは、一定の期間の投資商品の値上がり・値下がりを表す指標で“とうらくりつ”と読みます。 騰落率でわかるのは“ この時点で売った場合損益はいくらになるか”です。 例えば、購入時の基準価格が3万円の投資信託が、一年後に3万6,000円に価格が上昇している場合、騰落率は20%、売却益は6,000円になります。 利回りが売却益と分配金の総合的な収益の指標であるのに対し、騰落率はあくまで値動きに絞って算出される点が異なります。 なお、分配金が出ないタイプの投資信託であれば、利回りと騰落率の計算結果は同じです。

投資信託の利回り・基準の目安は?

投資信託の利回りは、どの程度確保できれば良いのでしょうか。 実は“利回りが〇%なら優良な商品”などという基準はありません。 もちろん儲かるに越したことはないのですが、高いリターンを得られる商品は相応のリスクを抱えているためです。 日本で購入できる投資信託の種類は多様で、なかには利回り10%を超えるものもあればマイナスのものもあります。 投資先やファンドマネージャーによって利回りは異なりますし、運用成績や売却時期によっても最終的な損益は変化するため、最適解は投資家によって異なります。 投資信託を選ぶ基準の一つとなるのが、ファンドの運用スタイルです。 ファンドによって「積極的にリスクをとって値上がりを狙う」「利益は出にくいが分散効果が高く守りに強い」など運用スタイルが異なるため、自分にあった商品を選ぶのがポイントとなります。 また、個人のリスク許容度も判断材料になります。 例えば、値下がりを恐れず投資でどんどん資産を増やしたい独身と、老後資金や子供の教育費用を運用しているファミリー層では、どの程度リスクを取れるかが異なってきます。 投資信託を選ぶうえでは、利回りとリスクのバランス、ファンドの方針を検討し、自分に合った投資先を選ぶのがおすすめです。

投資信託の利回りを高めるための投資術

生活費と投資額のバランスを考える

生活費や必要な貯金を削って投資を行なう方も稀にいますが、これはNGです。 投資は失っても生活に影響しない生活余裕資金で行なうことが基本であり、投資によって生活が脅かされてしまっては本末転倒です。 最低でも月収の6ヵ月分を緊急用の生活資金として確保しておくことをおすすめします。 投資はギャンブルではなく資産形成を目的に行なうものです。 生活を圧迫してしまっては冷静な判断力を失いかねませんので、生活と投資のバランスには注意してください。

分散投資をする

投資の基本の一つが「 分散投資 」です。 金融商品の種類や購入時期、資金を一点集中させず、分散することでリスクを抑えることができます。 例えば、資金をすべて国内株の投資信託に投入した場合、日本経済全体が不況に陥ると損失が大きくなります。 この場合、資金や購入時期を分け、外国株や債券、金など分野の違うさまざまなファンドに分散しておくと、資産全体の含み損を少なく抑えることが可能です。 またリスクを抑えて投資をすることで、長期的な利回りの向上効果が見込めます。

損切りで全てを売却しない

保有している投資信託が値下がりすると、不安になって損切りしたくなるものです。 損切り自体は重要な戦略ですが、このときすべてを売却するのではなく、一部のみ売却することをおすすめします。 投資信託の価格は常に変動しているため、売却後に価格が上がるか下がるかは誰にもわかりません。 すべて売却してしまうと、値上がりした際の利益を逃してしまいますので、一部のみ売却することで、下落リスクを抑えつつ値上がりのチャンスに備えましょう。

投資信託を購入する際は、どの程度のリターンが見込めるのかを知っておく必要があり、 そのために重要なのが利回りです。 簡単に計算できますので、購入を検討する際はぜひチェックしましょう。 利回り何パーセントの投資信託が良いのかは人によって異なりますので、自身のリスク許容度から最適なものを選んでみましょう。 投資初心者がやりがちな失敗と、投資信託の利回りを高めるための戦術も確認しましょう。 リスクを抑え、長期的なリターンを見込める投資ができるようになります。

利回りとは?

利回りとは?

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。
取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。
当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。
原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。
当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。

LINE証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3144号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる